気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

2016年嵐ツアーの顔認証を突破する抜け道や対策法はあるのか?

      2016/04/25

 

今や国民的アイドルの代表ともいえる、ジャニーズグループの『嵐』。

嵐のコンサートチケットといえば、日本一入手困難とも言われており、コンサートやツアーチケットの抽選で外れた人はオークションや転売サイトから手に入れることになり、数倍以上の値段でも売れていました。

 

しかし、2016年の4月23日に福井県からスタートする全国アリーナツアー『ARASHI "Japonism Show" in ARENA』では、転売行為の規制のため、ついに顔認証システムの導入が決定。

 

以前から顔認証の導入については話題になっていましたが、このシステムについて更に調べてみました。

 

スポンサードリンク


 顔認証システムってどういうもの?写真の登録方法は?

 

『顔認証システム』と聞いてもすぐにイメージが掴めない方もいると思います。

このシステムは、コンサートのチケットを購入する際に予めコンサートに行く人の顔写真を登録しておき、入場時に本人確認をすることで転売チケットや、家族や知り合い等に協力してもらって何とかチケットを入手しようとする、いわゆる複数名義での不正応募の入場を規制するためのものです。

 

g0010_1024x768
 

写真の登録方法ですが、まず嵐のコンサートチケットを手に入れるためにはFC(ファンクラブ)に登録することが必須条件となります。

 

そして、コンサートに応募し、当選すると当選メールの中に顔写真を登録するリンクが張ってあり、そこから自分の顔写真を登録するようです。

つまり、当選者のみが登録できるシステムみたいですね。

 

ちなみに、チケットの値段は1枚9500円で、1人2枚まで応募可能とのことですが、同行者もFC会員であることが条件であり、もちろん顔写真の登録も必要になります。

また、代表者、同行者を問わず、応募は1会員につき1回まで。

 

顔認証写真の登録方法については下記の記事で詳しく書いています。

関連記事:嵐コンサート顔認証の登録方法は?同行者写真など詳細まとめ

 

顔認証システムの精度は99%以上

 

これまでの嵐のコンサートは、本人確認といえば身分証明書の確認。

免許証のように顔写真付きの証明書がない場合は保険証でも可能、ということで転売をする人は自分の保険証の貸し出しまでしていたそうです。

 

元々1枚9000円弱のチケットですが、嵐人気で値段が跳ね上がり、オークションサイトなどでは1枚20~30万円以上になるとか・・・。

 

そんな転売屋を阻止すべく、今回の顔認証システムの導入に至ったようですね。

 

では、このシステムの精度はどれほどのものなのでしょうか?

 

 

既に『ももいろクローバーZ』や『Mr.children』などのライブに導入されており、精度99%以上とも言われるのが、NECが開発した顔認証システムNeoFace。

 

こちらは顔写真の目や鼻、口の位置はもちろん、左右差や傾き等のような顔の特徴を照合するというもの。

 

 

”照合”というと、なんとなく時間がかかりそうなイメージがありますが、システムの精度やスピードもどんどん改善してきているらしく、当初は10秒ほどかかっていた照合も今ではほんの数秒で完了するそうです。

 

 

実際にNECの顔認証システムを導入しているアーティストたちのライブでは、顔写真が違って入場が出来なかったという事例が発生しています。

 

また、コンサート前に数キロ太ってしまったとか、アイプチで二重にしたら入れなかった、カラコンをしたら入れなかった、というような悲しい事例もある模様・・・。

 

さすが精度99%。

女性の場合は特に、化粧で印象が変わったりするので、写真の登録は慎重にした方が良いかもしれませんね^^;

間違ってもスッピンで写真を登録してしまわないように、極力コンサートに行く日のメイクで写真撮影をするべきでしょう。

 

 

嵐の顔認証システムを突破する抜け道や対策法はある?

 

前述したように、少しのメイクの違いでも弾かれてしまう顔認証システム。

導入アーティストのライブでは、このシステムのおかげで不正チケットでの入場者は引っかかってしまうため、転売チケットでの入場ゲート突破を試みる人は順調に減ってきている様子。

 

こんなハイテクなシステムに突破口なんて無いだろうなぁ、と思いきや。

 

なんと、NECの広報担当者さんによると、嵐の顔認証システムはNECのものではないとの事です。

 

実は、ジャニーズのライブで顔認証が導入されたのは今回が初めてではありません。

 

2016年の2月~3月に行われた、関ジャニ∞の渋谷すばるさんのソロライブツアーで顔認証システムが取り入れられましたが、その時は会場のスタッフによる目視での顔認証だったそう。

 

完全に機械が行う認証とは違い、人が行うものなので、正直こちらは突破するための方法がありそうです・・・。

 

NECの認証システムじゃない=目視での認証

と、確実に分かったわけではありませんが、同事務所の過去のライブでの状況から目視での認証だと予想をしている方も多いようで、チケットの売買サイトでは自分の顔や化粧の特徴などを記載して、数十万円でチケットの出品や売買が今もされている状態。

 

年齢や顔の雰囲気が似ている人から購入して、その写真に似せて顔認証を突破しようという事だと思いますが、入場できなかった場合の返金等は不可だということなので、ここで購入する方はかなりのチャレンジャーでしょう。

 

上記のように、容姿を似せる等の抜け道はあるかもしれませんが、嵐はジャニーズの顔でもある上、チケットも他グループに比べるとかなりの高額で取引されていますので、ここではかなり厳しい顔認証をする可能性が高いです。

 

転売を防ぐための顔認証システムが目視というのは甘い気がしますが、他グループの転売防止も含め、今後は他アーティストのようにコンピューターでの顔認証システムが導入されてくると思いますね。

 

ということも踏まえ、2016年のツアーでは正規ルート以外での入手チケットでの入場はほぼ不可だと思われます。

チケットが外れてしまった場合は、次の機会まで我慢したほうが賢明です。

 

スポンサードリンク



 

最後に

 

チケットが高額でも、嵐に会いたい!と願う気持ちもわかりますが、それは不正行為です。

ファンであるのなら尚更、裏切るような行為はせず、きちんとした正規ルートでチケットを申し込んでくださいね。

 

今回導入される顔認証システムですが、今後転売をする人が減ることでチケット入手の倍率も下がり、チケットの価格も正規の値段になってくると思います。

1人でも多くのファンの方が、嵐との楽しいひと時を過ごせますように^^

 

では終わりに、2016年の嵐アリーナツアーの日程と場所です!

 

2016年嵐アリーナツアー開催日時&場所

 
  • 4/23(土)…サンドーム福井 開演時間(13:00/18:00) 収容人数10000人
  • 4/24(日)…サンドーム福井 開演時間(15:00) 収容人数10000人
  • 5/7(土)…広島グリーンアリーナ 開演時間(13:00/18:00) 収容人数10000人
  • 5/8(日)…広島グリーンアリーナ 開演時間(15:00) 収容人数10000人
  • 7/23(土)…静岡エコパアリーナ 開演時間(18:00) 収容人数10000人
  • 7/24(日)…静岡エコパアリーナ 開演時間(12:00/17:00) 収容人数10000人
  • 7/30(土)…鹿児島アリーナ 開演時間(13:00/18:00) 収容人数5700人
  • 7/31(日)…鹿児島アリーナ 開演時間(15:00) 収容人数5700人
  • 8/6(土)…長野M-WAVE 開演時間(18:00) 収容人数18000人
  • 8/7(日)…長野M-WAVE 開演時間(12:00) 収容人数18000人
  • 8/9(火)…横浜アリーナ 開演時間(18:00) 収容人数17000人
  • 8/10(水)…横浜アリーナ 開演時間(12:00/17:00) 収容人数17000人
計17公演、17万1千人動員予定。
2007年のツアーでは追加公演がありましたので、今回も追加公演の可能性があると思います!
 

当選された方はどうぞ目一杯、楽しんできてくださいね^^*

スポンサードリンク


 - エンタメ・芸能