気になるアンテナニュース

最近の気になるニュースやネットで話題の情報などを随時更新!

ダイエットの失敗の原因は始め方にある?成功者の考え方やコツ

   

 

本格的な暑さも通りすぎ、すっかり秋風を感じる毎日になってきましたね。

 

突然ですが、あなたはダイエットに成功したことはありますか?

 

夏は水着や薄着シーズンということで、本気でダイエットに挑戦した方もいるのではないでしょうか。

 

夏場にダイエットをしていなくても、これからの季節、食べ物が美味しくなり厚着になり・・・とあまりスタイルを気にする事がなくなるので、毎年冬太りに悩まされていると言う方も多いかもしれませんね。

 

スタイルを気にする女性はもちろんですが、近年は健康のために男性も体重管理に励んでいます。

 

しかし、ダイエットに付き物なのが三日坊主や挫折、一時減ったもののリバウンドなどなど・・・。

 

年中ダイエッターはとても多いのに、なぜか失敗してしまう、いつもリバウンドする、という方もかなり多いのです。

 

実はダイエットに失敗する人は【始め方が悪い】という共通点があります。

 

始め方ってなに?具体的にどういうこと?と思いますよね。

 

今回の記事では、成功する人と失敗する人のダイエットの始め方について書いていきます。

 

スポンサードリンク


ダイエットに失敗する人の共通パターン

 

ではまず、よくあるダイエット失敗パターンについてお話ししましょう。

 

image-1

いきなりハードルが高すぎる

過度な食事制限や運動を急に始めることは、身体の負担も大きいですし、何より精神的に辛くなります。

精神的に辛くなると長続きしない場合が多く、逆にダイエットを挫折してからのリバウンドが酷いケースがとても多いのです。

 

例えば、2、3ヶ月というような短期スパンで10キロ痩せる!などと決めて、サラダばかり食べて毎日ランニングをするなんて、よほどメンタルが強くないと実現することは難しいですよね。

 

元の体重が150kgとかで、命の危険があるような場合は別ですが一般ダイエッターレベルからの急激な体重減少は体を壊してしまいますのでおすすめできません。

 

とりあえず流行りのダイエット法を試す

まわりに流されて~といった理由や今流行っているから~という理由で何となく始めてしまうと、短期間で諦めてしまう傾向があります。

流行りの方法が必ずしも自分に合っているわけはないので(自分にピッタリだと良いのですが)、効果を期待しすぎてストレスになってしまうと暴飲暴食の引き金になることもあり逆効果です。

 

サプリメントやグッズに頼る

ダイエットサプリメントやダイエットグッズは数え切れないほどありますが、こういった商品を最初から購入すると、結局使わなかったなど無駄にしてしまうことが多いです。

 

初めはダイエットに対するモチベーションも高く、ワクワクする気持ちがありますがすぐに飽きてしまってダイエットにも飽きてしまうかもしれません。

 

 

上記がダイエット失敗者の共通点ともいえるようです

 

では、ダイエットに成功する人たちは何が違うのでしょうか?

 

は、ダイエットに成功する人の考え方やコツについてご紹介致します。

 

スポンサードリンク


ダイエットに成功する人の始め方は?

 

自分が痩せたイメージをしっかりと持っている

image-2
ダイエットに成功する人は、まずダイエットを始める前にしっかりとなりたい自分についてイメージします。

ただざっくりと何キロ!という事ではなく、現在の体重や体脂肪率、各パーツのサイズを測ってメモしたり、目標のサイズなどを細かく設定しながらなりたい自分のスタイルを明確にしていくのです。

 

どんな体型になりたいかと自分で把握できれば、正しいダイエット法を選び、痩せたい部位を集中的に引き締めていくことができます。

目標をモデルさんや女優さんにするよりも、イメージできた自分のほうが身近にも感じられるので頑張れますよね。

 

何故痩せたいかを具体的に考えている

image-3
ダイエットをするための理由はなんでしょうか?

どうして痩せたいかのか自分に問いただしてみてください。

 

人それぞれに理由はあるかと思いますが、このまま(太っているまま)では○○~・・・というようなデメリットの部分までしっかりと理解することが大切です。

デメリットがあればあるほど、自分の目標のために成し遂げなければならない理由となり、頑張れる励みとなります。

 

 

自分のルールをつくる

image-4
ダイエット成功者はダイエット本やテレビで放送された方法をそのまま試すというより、独自のルールを自分なりに考えてきちんと決めている人が多いです。

ダイエットは何よりも継続することが大切なので、自分が続きそうな無理のないルールを作ります。

ルールは後から追加しても良いので、まずは簡単なルールを決めてからスタートすると良いでしょう。

 

例えば、
  1. 満腹まで食べず、腹8分目でやめる。
  2. 甘いものは1日1個。
  3. 1口で30回噛んで、ゆっくり食べる。
  4. 毎日体重を測り、1日の食べたものをチェックする。
  5. 通勤のとき駅まで歩く。
など、こんな感じで良いんです。

まずは絶対に続けるルールを作り、慣れてきたら追加していくのがおすすめ。

 

バランスの良い食事をとる

image-5
野菜ばかり食べる、甘いものや脂質の多いもの、炭水化物は食べない、、、と偏った食事をするのは健康にも影響し、体調を悪くする可能性があります。

 

健康的に引き締まった身体になるためには沢山の栄養素が必要となります。

もちろん沢山の量を食べると太る原因になりますので、少量ずつ色んなものを食べましょう。

食事に少し余裕が出た場合は、炭水化物や糖質、脂質を少しずつ減らしていくと効果的です。

 

有酸素運動、筋肉トレーニングを取り入れる

image-6
単純に食事の量を減らすことでも体重は減りますが、綺麗に痩せるためには食事の量やバランスだけではなく運動を取り入れます。

 

食べても太らないという方は周りにいらっしゃいませんか?

実は食べても太らないというよりは、他の人よりも基礎代謝が高いということなのです。

人間は何をしているときにも何かしらのカロリーを消費しています。

個人差があり基礎代謝が高いと消費カロリーが多いので、食べてもしっかり消費することが出来ているのです。

基礎代謝を上げるためには、筋トレと有酸素運動の両方を取り入れることが重要てす。

 

脂肪を燃焼するためには筋肉が必要です。

この筋肉を鍛え、有酸素運動を取り入れることで痩せ効果は倍増し、加速するのです。

筋トレはダンベルを使ったり、スクワットや腹筋など自分でできる程度でも十分。

有酸素運動は水泳、ジョギング、ランニング、エアロビクスなど自分の好きなもので大丈夫です。

継続することが大切なので無理はしないでください。

 

体重や体脂肪が減り、ドロップアウト率も低くなり、健康的なメリハリのある引き締まったボディーを手に入れることができます。

 

自分に合ったダイエット法を見つける

image-7
いつも通りの自分の生活スタイルに取り入れていくことが大切なので、無理なく取り込める方法を選びましょう。

最低限の知識は必要となり、しっかり調べたり正しい知識を身につけておくと「これで痩せる」と自信にも繋がります。

流行りのダイエット法を試すのは、自分の生活を大きく変えてしまいストレスを感じさせてしまうことが多いので、しっかり自分に合っているのかチェックしてからにしてくださいね。

 

しつこいですが、ダイエットは継続が大切!

痩せない時期があるので、「何でこんなに頑張っているのに痩せないのだろう」とモチベーションを下げることはやめ、この時期を乗り越えて下さい!

 

自分の無理のない、出来ることから始めてみましょう。

ライター:きょうかママ&アンテナ管理人

スポンサードリンク


 - ネタ・雑学, 暮らし・生活