気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

『麻央を助けるためなら何でもする』市川海老蔵の苦悩と唯一の相談相手

   

6月9日に「スポーツ報知」の報道で明るみに出た、フリーアナウンサーの小林麻央さんのガン闘病。

関連記事小林麻央は進行性乳がんと判明。ステージや転移はあるのか

 

夫である市川海老蔵さんがその日に記者会見をして病状を説明しましたが、語られた内容は決して明るいものではありませんでした。

関連記事:【進行性がん】小林麻央は特殊な炎症性乳ガンか?余命宣告の可能性も

 

本来ならば、今年の7月あたりに乳がん闘病を公表する予定だったそうですが、スポーツ紙に報じられたため、緊急で記者会見を開く形になったとのこと。

 

しかし、海老蔵さん自身も1年8ヶ月もの間、公にしないよう慎重にならざる負えず、かなり心労がたまっていた様子・・・

 

20160609-OHT1I50107-T
 

予定外に早まってしまった記者会見ですが、海老蔵さん本人も会見後に【このタイミングでがんを公表するのが適切だったのかは分からないが、会見を開いて良かったと思う】というようなコメントを残しています。

今回の件は、口外されないように海老蔵さんも徹底していたようで、梨園でも麻央さんのがんは全く知られていなかったとか。

 

外では気丈にしている海老蔵さんですが、孤独の中での苦しみは、計り知れないものだったのではないでしょうか・・・

 

スポンサードリンク


役者仲間も知らなかった事実

 

海老蔵さんの親友で役者仲間である中村獅童さんや片岡愛之助さんも、麻央さんのがんについて全く知らされておらず、会見を見て驚いていたそう。

 

「会見を見て、みんな驚いていました。

海老蔵さんの親友や役者仲間たちは『水くさいよ』と嘆いたほどです」

(歌舞伎関係者談)

 

誰にも語らず、孤独の中で苦しんでいた海老蔵さんですが、唯一、頻繁に電話をして相談をしていた相手がいたとのこと。

 

唯一本音を相談できる相手

 

「“はとこ”にあたる、松たか子さんですよ。よく電話をかけては相談していたようです。いま彼が本当に心を開いて相談できるのは、彼女だけかもしれません」(歌舞伎関係者)

 

たびたび親戚として話題になりますが、はとこである松たか子さんには色々と相談をしていたようです。

 

puffer_10
 

身内であり、乳がんという女性特有のがんであることからきっと相談がしやすかったのでしょうね。

 

乳がんの発覚から現在まで

 

小林麻央さんの乳がんが発覚したのは、1年8ヶ月前である2014年10月

 

海老蔵さんは舞台「JAPAN THEATER 日本橋」に出演中のことでした。

 

麻央さんのがんが発覚するも、2015年2月には父である市川團十郎さんの三回忌に家族で墓参。

そして4月には長女の麗禾(れいか)ちゃんの入園式に夫婦で出席。

11月には長男の勸玄(かんげん)くんが2歳7ヶ月で初お目見えをし、歌舞伎役者としてデビュー。

母である麻央さんの強い希望で病院を抜け出し、25日間、歌舞伎座に姿を見せました。

 

これらの出席時は、周りの人たちも麻央さんのがん闘病について知らなかったわけですが、勸玄くんの初お目見えの時に歌舞伎座を訪れたひいき客の間では、麻央さんのメイクがかなり濃い!と話題になっていました。

 

このときのメイクの濃さが、まさかがんの病状を隠すためだとは誰も気づかなかったことでしょう・・・。

 

puffer_12
 

 

自分に出来ることは何でもやる

 

2013年に、海老蔵さんは父である市川團十郎さんを急性白血病で亡くしています。

急性白血病といえば、血液のがんとして知られていますよね・・・

 

そして、父を亡くした翌年に発覚した、最愛の妻である麻央さんのがん。

 

麻央さんのがん発覚をうけて、海老蔵さんは自分の責任であるかのようにふさぎこんでいると、ある歌舞伎関係者の方は話しています。

 

昨年の2月に突然本名を『堀越寶世(たかとし)』に改名した事が一時期話題になった海老蔵さん。

また、成田山新勝寺で得度を受けたこともありましたが、これらはきっと麻央さんもために、何にでもすがろうという気持ちの表われだということでしょう。

 

スポンサードリンク


海老蔵さんを改心させた最愛の妻

 

モデルや女優など派手な女性関係で報道が絶えず、歌舞伎界のプリンスと呼ばれていた市川海老蔵さん。

 

「付き合った女性の数は多すぎて記憶に御座いませぬ!」

 

この名言ともよべる発言は、海老蔵さんが名古屋学院の創立120周年記念講演会で生徒に質問された時の実際の返答です。

 

多すぎて記憶にないなんて・・

いかにモテ男なのかが分かりますね。

 

そんなプレイボーイともいわれていた海老蔵さんですが、麻央さんがキャスターを務めていたNEWS ZEROでインタビューをされたのをきっかけに麻央さんと知り合います。

 

maoebi-300x218-3-300x218
↑麻央さんと海老蔵さんの初対面

 

よく、恋愛と結婚は別だと言いますが、過去にお付き合いをしていた女優さんやモデルさんと違って派手さはないものの、素朴で家庭的な雰囲気の麻央さんに心を奪われたのでしょう。

麻央さんのしたたかな性格は、梨園の妻としてもピッタリだと思います。

 

愛を育んだ二人は2010年3月3日にめでたく結婚。

 

しかし、結婚からわずか数ヵ月後の2010年の11月に西麻布での暴行事件に海老蔵さんが巻き込まれ大きなニュースに・・・。

 

ちょうどその頃、麻央さんは長女の妊娠がわかったばかりだったそうです。

 

つわりや情緒不安定という妊娠初期特有の症状に苦しむ中、『梨園の妻として夫の管理をきちんとしないのが悪い』というようなバッシングを内外から受けて、麻央さんも相当辛かった時期だと思います・・・

 

麻央さんは事件発覚後、常に何かに怯え、げっそりとやつれてしまったとか・・・。

 

海老蔵さんが大きく変わってきたのはこのあたりからなので、やはり最愛の妻を苦しめてしまったことに責任を感じたのでしょうか。

 

事件後は心を入れかえて、自主的に夜遊びを控えていた海老蔵さんですが、事件から数年後に一部の週刊紙で【夜遊び再開】と報じられると、海老蔵さんはひどく憤慨したといいます。

 

知人にも『二度と麻央を泣かせたくないから、同じようなことはもうしない』と断言していたとのこと。

 

子供たちが産まれたあとは、溺愛ぶりが話題になるほど良い父親をしており、おむつ替えや沐浴など、進んで育児に参加する姿が見られるように。

 

どんなに不機嫌になる出来事があっても、麗禾ちゃんの前に行くとデレデレ。

そんな海老蔵には、麗禾ちゃんにささやくお決まりのフレーズがあるという。
「いつも『世界でいちばん美人で素敵なお嬢さん』と、声をかけているそうです。麻央さんも最初は笑って聞いていたそうなのですが、毎日毎日言うものだから、あまりの親バカぶりに、『ねぇねぇ、じゃあ私はいったい何番目なの?』とケンカになりそうになったこともあったそうです」

 

これは、まだ長男の勸玄(かんげん)くんが誕生する前のエピソードですが、とても微笑ましいですよね。

目に入れても痛くない、とはまさにこの事なのでしょう。

 

puffer_11
 

日頃の海老蔵さんのブログを見ていても、いかに子供たちを溺愛しているかが見てとれます。

 

昔の海老蔵さんからは想像できないほど、角がとれたというか落ち着いたというか。

これらは妻である麻央さんのおかげでもあるでしょうね。

 

 

熱意は必ず報われると信じて

 

記者会見を開く数日前にも、子供たちを満面の笑顔で幼稚園へ送り出し、その後自分は仕事をこなし、夕方は子供をつれて公園へ行く海老蔵さんが目撃されていました。

 

子供たちが幼稚園に行っている間に都内で2本の仕事をこなしていたが、疲れたそぶりも見せない。2人は父親とのお出かけがうれしいのか、公園ではしゃいでいる。海老蔵は、そんな子どもたちを温かい眼差しでじっと見つめていた。

 

記者会見の前日には、幼稚園へ向かう途中の神社で子供たちがじっと手を合わせる姿も・・・。

 

会見で涙も見せた海老蔵さん。

今まで、ずっと一人で悩んでいて本当に辛かったでしょうね・・・

 

誰にも知らせないまま、愛する妻と子どもたちのために死にものぐるいの努力を重ねていたことがよく分かります。

 

 

海老蔵さんを始めとする家族に支えられて、麻央さんも前向きに治療をうけています。

 

海老蔵さんは周囲の人々にも「麻央を助けるためならなんでもやる」と話しており、麻央さんも心強いことでしょう。

 

sumasuma-ebizou-300x200
 

その熱意は必ず報われる・・・

そう信じています。

 

スポンサードリンク


 - エンタメ・芸能