気になるアンテナニュース

最近の気になるニュースやネットで話題の情報などを随時更新!

大阪エキスポに日本一高い観覧車が完成!営業時間や料金など

   

 

大阪府吹田市の大型複合施設《EXPO CITY(エキスポシティ)》に日本一高い観覧車が登場します!

 

遊園地などにあるごく普通の観覧車と違って、VIPゴンドラがあったり・・・!!と気になることだらけなので、営業時間や料金などについて早速調べてみました。

 

スポンサードリンク


エキスポに登場する日本一高い観覧車とは

 

日本一高い観覧車として7月1日に登場するのは「REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)」

 

20160623-00000012-wordleaf-072e253eb1368c4f623b1fe58a0865e89出典:THE PAGE 大阪

 

日本最大級といわれる複合施設である、大阪府吹田市の「EXPO CITY(エキスポシティ)」にぴったりなこちらの観覧車は高さが123メートル(!)なので、今までの記録を塗り替えて日本一となります。

 

大阪で主要な大観覧車といえば

 

海遊館近くの「天保山観覧車」112.5m

puffer_6
 

梅田のビルの上にある「HEP FIVE 観覧車」106m

puffer_7
 

今までの日本一は

レッドホースオオサカホイールが出来るまでは、東京都の葛西臨海公園にある「ダイヤと花の大観覧車」の117mが日本最大の観覧車でした。

puffer_9
人が小さすぎる><

 

そして夜はロマンチック・・・♪

puffer_8
 

 

日本一・・・というだけでもインパクト大ですが、管理会社によると日本一の観覧車《レッドホースオオサカホイール》は世界で5番目の高さになるとか。

 

高所恐怖症の人は聞いただけで大絶叫するレベルです。

 

しかも、世界初の耐震構造だということで話題になっていましたが、逆に考えると、今までの(全世界の)観覧車は耐震ではないということでしょうかね・・・^^;

それはそれで怖すぎる。。

 

 

個人的に、高い場所といえば観光名所としてもお馴染みの東京タワー。

 

東京都在住ではなくても修学旅行などで訪れたことがある方も多いスポットだと思われます。

 

puffer
 

東京タワーの名物(?)ともいえる、肝を冷やす足元ガラスポイントがあるところ(大展望台)が150メートル。

 

Exif_JPEG_PICTURE
 

写真だけでもヒヤヒヤ・・・

 

ここ(大展望台)より25メートルほど低くなりますが、高いことには変わりない。。

 

スポンサードリンク


日本最大観覧車の料金など

 

エキスポに登場する日本一高い観覧車《レッドホースオオサカホイール》のゴンドラは72基で、全てシースルー

 

昔ながらの遊園地などにある観覧車といえば、夏は暑くて乗れないイメージがあるんですが、こちらのゴンドラには冷暖房が完備されているため、暑い日も寒い日も快適にお乗りいただけます。

 

redhorse_2-900x377
 

また、全ゴンドラにはエリア放送が視聴できるタブレットが装備されているとのことですが、せっかく観覧車に乗るんですから、エリア放送ではなく景色を楽しむ方が大半かと・・・^^;

 

そして、72基のゴンドラのうち、2基限定でVIPゴンドラなるものが用意されているようで、シートや照明などの内装が通常版より豪華だとのこと。

 

7月1日から大阪エキスポに登場する日本一高い観覧車ですが、1周の所要時間は約18分

営業時間は午前10時から午後11時の予定で、料金は当日1人1000円だそうです。

 

デートや観光など、新たな大阪のスポットとして注目ですね。

気になる方やお近くの方は、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

乗ってみた感想などもお寄せいただければ嬉しいです^^

 

「レッドホース オオサカ ホイール」

2016年7月1日(金)オープン
住所:吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
営業:10:00〜23:00(予定)
料金:1000円

スポンサードリンク


 - 国内ニュース