気になるアンテナニュース

最近の気になるニュースやネットで話題の情報などを随時更新!

最新がん治療に繋がる?患者死因は悪性腫瘍ではなく栄養失調説に衝撃

   

 

今や3人に1人は【癌(がん)】で亡くなるとも言われ、日本でも現在の死亡原因の第1位として知られています。

 

3人に1人というと、かなりの確率ですよね。

実際に私の家族でも、祖母や父などががんを患っており、親戚や知人にまで目を向けるとかなりの人数のがん患者がいるので、3人に1人というのも頷けるような気がします。

 

puffer_4
 

早期発見、そして早期治療が出来れば命に別状がないことも多々あり、抗がん剤治療等で完治をする方もいますので、昔のように『不治の病』ではなくなりつつあるものの、未だに日本人の死亡原因第1位である【がん】。

 

そんな中、とある方が発言した、

 

がん患者はがんで死ぬわけではない

 

という驚きの内容が話題を呼んでいます。

 

スポンサードリンク


死因は悪性腫瘍ではなく栄養失調

 

医療界に衝撃を走らせた今回の発言。

 

この驚きの発言をしたのは、緩和ケアの第一人者であり、藤田保健衛生大学医学部教授である東口高志さん。

 

puffer_5
 

 

東口教授は

 

「がん患者はがんによって亡くなると思われるでしょうが、実はがん患者の死因の8割になんらかの感染症が関連している可能性があります。

そうした感染症はがんによって引き起こされたものではありません。

その多くは、不適切な栄養管理による栄養不足が原因と考えられます。

栄養不足で免疫力が低下し、健康な人なら何ともない弱い細菌に感染し、回復できずに亡くなるのです。

がん患者が亡くなる本当の原因が栄養不足であるという現実を治療に役立てることができれば、がん患者はもっと長生きできるはずです」

 

というような主張をしています。

 

 

日本の医療は日々発展していますが、これは非常に興味深く、そして衝撃的だと思いませんか?

 

 

東口教授は2003年に、余命1ヶ月程のがん患者108人を調査しており、その結果、がんとは関係なく《栄養失調》に陥っている患者が82.4%もいることが判明。

 

そして実際にその患者さん達の大半は『がんそのもの』ではなく、『栄養不足による感染症』で死亡しているというのです。

 

 

栄養不足といえば、主に食糧問題が深刻な発展途上国や、戦争などに伴って起こるというイメージがありますよね・・・

 

 

同様の問題が米国でも指摘されている

 

《がん患者の死因は悪性腫瘍より栄養失調だ》と主張するのは、前述した東口教授だけではありません。

 

2009年に米国で出版されたがん患者に関する医学論文集『Medical Care of Cancer Patients』(がん患者の医学的ケア)では、ヘンリー・フォード病院のヤキール・ムシカト医師もこのような事を述べています。

 

がん患者の20%以上は、悪性腫瘍というよりも栄養失調の影響をより強く受ける形で死亡している

 

ヤキール・ムシカト医師も東口教授と同じような主張をしていることが分かります。

 

 

スポンサードリンク



 

そして、身内ネタになってしまいますが、私の父は一昨年の年末に胃がんが見つかり、1年の余命宣告。

 

 

Low Angle View Of Iv Drip
 

 

入院をして抗がん剤などを少し使ってみるものの、あまり回復の気配はなく、がっしりとした大きな父が病室でどんどん痩せ細っていく姿は見ていて辛いものがありました。

 

本人の抗がん剤治療を辞めたいという希望もあり、その後は退院してきて家で過ごしていますが、趣味に没頭したり、好きなものを食べたりしているうちに、入院中より元気になりました。

 

そして、余命宣告の1年を越えて、今も健在です。

 

退院後、がんに対する治療は特にしておらず、定期的に診察に通っているのみで、先生からは《いつ何があってもおかしくない》とは言われていますが、元々体を動かすのが好きな父なので、調子が悪い日以外はアクティブに動き回っており、【腹が減っては戦ができぬ】と言わんばかりに、ご飯も結構食べます。

 

元々、食べることや料理が好きな父ですが、入院中は長期的に絶食の期間があったり(点滴はしていますが)、検査や治療の前後は流動食のようなものしか食べられず、『こんなご飯じゃ体力も落ちるわ!』といい、『このままじゃ1年生きられない』と本人も不服そうだったので、父的には今の現状に満足しているようです。

 

 

私的には、目の前でそのような父を見ているので、今回の主張でもある【がん患者の死因は悪性腫瘍より栄養失調によるもの】というのに共感できる部分があったり・・・

 

 

東口教授の言葉↓

「私の2003年の調査ではサンプル数が少ないという反論があることは承知しています。

ですが、当時末期と診断され、私たちの診療科にいらっしゃった患者さんの大半は、がんの進行というよりも、むしろ栄養不足による全身衰弱に陥っていました。

そんな実態があったからこそ、私は当時の栄養軽視の医療に大きな疑問を抱くようになったのです。

治療のために入院した患者が栄養不足になってしまう現状は世界共通の問題です。日本でも、絶対に見過ごしてはならない」

 

治療のための入院なのに、病院で栄養不足に陥るというとなんだか不思議な気がしてなりません・・・。

 

medic-563425_640
 

発展途上国ならまだしも、先進国の病院だというのに、こんなにも栄養不足の割合が高いという事実。

 

1974年に米国で発表された「病室の骸骨」という論文でも、入院中の栄養不足問題が取り上げられており、今回改めて注目された事で何かしらの改善策が確立されるといいですね。

 

医療改革が起こり、最新のがん治療に繋がることを願います。

 

スポンサードリンク


 - 国内ニュース, 暮らし・生活, 美容・健康