気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

iPhone SEの口コミ評価!おすすめポイントや料金まとめ

   

 

《iPhone SE》の発売から約1ヶ月が経ちましたね。

580x327xiPHONeSE-e1458586567177.png.pagespeed.ic.yByebR2RFo
 

もう既に機種変更をした方もいるかとは思いますが、変えようかどうしようかと悩んでいる方のために、iPhone SEのおすすめポイントや、逆にガッカリした部分などについての口コミやレビューを調べてみたので書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク


《iPhone SE》見た目は5s!?

 

私が初めてiPhone SEを見た感想は、【えっ、iPhone5s・・・?】です。

 

思わず二度見しましたが、何度見てもiPhone5s。

 

それもそのはず。

 

iPhone SEのサイズは58.6×123.8×7.6mmで、iPhone5sと全く同じとなっています。

iPhone SEの重量は113g。

iPhone5sが112gだったので、1g増量(?)したものの、こちらもほぼ同じですね。

 

裏返してもほとんど一緒!だけど、iPhone SEにはiPhoneロゴの下に《SE》のロゴがあるので、そこで判別可能ですが、カバーをつけたら見えない。

 

しかし、たびたび不満の声が聞こえていた《カメラ部分の飛び出し》がなくなっており、すっきりとフラットな印象に。

 

スリープボタンは、iPhone5sと同じく上部についています。

 

ちなみに、iPhone SEのカラーバリエーションは、ゴールド・シルバー・スペースグレイ・ローズゴールドの4色展開。

 

 

580x497xiphonese-800x686-e1458888765653.jpg.pagespeed.ic.lYUz1cwAea
 

ローズゴールド、オトナ可愛い!

 

パッと見はiPhone5sと同じように見えますが、よく見るとエッジ部分の光沢がマットな仕上がりになっており、5sと比べると高級感があるような感じですかね。

しかし、使用者のレビューに新たな問題?として【エッジ部分が引っ掛かる(ケースなしの場合)】という声も。

ケースをつける予定の人にはあまり関係ないかもしれませんが、ケースをつけない派の人はここもチェックしてみましょう。

 

 

iPhone SEは4インチ!

 

「すんなりとなめらか」と表現し、iPhone5sのような《手への収まりやすさ》が魅力的だとしているだけあって、iPhone SEは4インチになっています。

 

iPhoneに限らず、最近はファブレットと呼ばれる大きいサイズのものが多いこともあり、5.5インチのiPhone6や6s Plusを使用している人にとっては、4インチのiPhone SEはかなり小さく感じるのでは?と思います。

 

ただ、iPhone6シリーズのような大型のものはポケットに入りにくかったり、無理やり入れてポケットが角張り、取り出しがスムーズにいかなかったりすることもあるため、特にスーツを着る機会の多い方にとってはちょうどいいサイズといえるのでは?

 

画面の大きいiPhone 6s Plusなどは、片手持ちでは親指が画面端まで届かないため、手が小さい人や女性なんかの場合は両手持ちを余儀なくされることもありますが、その点コンパクトなiPhone SEは操作もしやすいと思います。

 

 

iPhone6sとの比較

 

iPhone SEのデザインや見た目について記述しましたが、じゃあスペックはどうなの?ということで、現行の人気モデルである"iPhone6s"と比較してみましょう。

 

カメラ機能

 

SNSやブログなどに載せる写真をiPhoneで撮影している方は気になる画素数!

 

iPhone SEの背面カメラは、iPhone6sと同じ1200万画素なので、PCに取り込んで、一部分だけをめちゃくちゃ拡大する、というようによほどなことをしない限りはまず不自由することはないでしょう。

 

しかし、スペックとしてiPhone6sに劣るのが、インカメラです。

 

iPhone 6sのインカメラの画素数が500万画素なのに対して、iPhone SEは120万画素

 

スマホ上で表示させる分には問題ないと思われますが、PCなどの大画面に表示させる場合には、ちょと残念な感じになってしまうかも・・・。

画像加工アプリなどを使うと更に画質が落ちるので、インカメラを自撮りに使いまくりたい!という人には物足りない部分が出てくるかもしれません。

 

ビデオ撮影

 

iPhone SE、iPhone6sともにどちらも4K画質の動画撮影が可能です。

 

余談ですが、ビデオ撮影だけにフォーカスを当てると、iPhone SEやiPhone6sよりも、iPhone 6s Plusの方がブレの少ない動画を撮ることができます。(iPhone 6s Plusは光学式手ブレ補正機能に対応しているため)

 

とはいえ、日常で使う分には問題ないでしょう。

 

3D Touch

 

3D Touch】とは、ディスプレイをぐっと押し込むと、ホーム画面からアプリの機能を直接ショートカット操作できるという機能です。

使い慣れると何気に便利な機能ですが、現状ではiPhone 6sとiPhone6s Plusのみに搭載されており、iPhone SEは非対応です

 

この機能を重視していた方なとっては残念なトコロ。

 

スピーカー

 

スピーカーの位置は、どちらの機種も端末の右下にあります。

どちらの機種も、通常に使用する分には十分な音量になっていますが、iPhone6sに比べるとiPhone SEの方が若干音がこもっているような印象だとか。

この辺の感じ方は個人差がありそうですし、iPhone6sとわざわさ比べながら聞くこともないと思いますが、音質重視の方は一度実物を触って聞いてみた方が良いかもしれません。

 

サイズ

 

上述しているように、iPhone SEは4インチとコンパクトサイズなので、iPhone6sと比べるとここは大きく違う部分ですね。

 

yoyaku1
 

大型のiPhone6sを片手で持つと、親指で画面の端上なんかをタップするのが大変。

その点、iPhone SEは片手に収まるサイズなので画面上の全てのアイコンも、親指で楽々。

幅や高さはiPhone SEのほうがひと回り小さいのですが、ボディの厚みはiPhone6sより0.5mm厚い仕様です。

 

 

バッテリー持ち

 

あまりハイテクな機能を使いこなせない私でも個人的にすごいなー!と思ったポイントは、iPhone SEのバッテリー持ちの長さ!

 

iPhone SEは、iPhone 6sと同じチップセット【64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ】【組み込み型M9モーションコプロセッサ】なるもの搭載。

そのおかけで、省電力性能が高くなり、さらに液晶がコンパクトになったので、画面表示による電力も大幅カット。

Taptic Engineが搭載されていないことも影響しているのかも・・・?

 

駆動時間は公式発表で、4G回線での使用時でiPhone6sよりも3時間、ビデオ再生でも2時間長持ちするようになっています。

 

ビデオ再生でも2時間って・・・映画が1本見れちゃうレベル。

 

 

A9チップでゲームもサクサク

 

iPhone SEが搭載しているA9プロセッサのおかげで、各メディアからは「ものすごく速い」と絶賛の声が多数。

 

見た目はiPhone5sですが、CPUはiPhone5sの2倍、グラフィック処理に関わるGPUでは3倍という圧倒的な差!

つまり、iPhone6sで動くような高クオリティのゲームが、iPhone SEでも体験できる、ということですね。

 

CPUはiPhone6sと差がないので、iPhone6sのサクサク感になれたしまった人でもストレスなく使用出来ると言えます。

 

本体価格

 

ここがiPhone SEの一番の魅力!という人も多いポイントが本体の価格です。

 

gn160427-0119
 

上の表は、Apple Storeが販売するSIMフリーモデルの価格になりますが、iPhone6sとiPhone SEを比較した場合、約3万円も安い!

 

CPUの差がないのにこれだけ安いなんて・・・

コスパ最強!

ひとついうのなら、128Gがないのがちょっと残念かも。

 

スポンサードリンク

iPhone5sの進化版、iPhone SE

 

2013年発売のiPhone5s以来の4インチとなった「iPhone SE」。

 

見た目はiPhone5sと大差はないですが、中身はかなり進化しましたね。

スペックを比較してみると、iPhone6sとほぼ同レベルだということが分かります。

 

 

機種変更する?しない?

 

iPhone6シリーズは大画面が特徴なので、操作性などで大画面への変更をためらっていた人にはおすすめしたいiPhone SE。

iPhone5シリーズからなら、すぐに機種変更をしてもいいと思います。

あまりの早さに驚くかもしれませんね!

 

最新のiPhone6シリーズとほぼ同等のスペックなのに、iPhone6sと比較して3万円ほど安いというお得感も見逃せないところ。(SIMフリーモデルの場合)

 

 

ただ、細かい部分をみるとiPhone6sに劣るところもあるのでら現在iPhone6や6sを使用している人にとってはあまりメリットになる部分は無いような気がします。

最新のハイスペック機種を求める人は、今年の秋頃に発売されると思われる、(仮)iPhone7まで待った方がよいでしょうね。

iPhone 6 plusシリーズはとにかく画面が大きいので、それが不自由だと思っている人にはおすすめできますが、動画や電子書籍なんかは大画面の方が見やすいということに間違いはないので、動画の視聴が多い人は変えない方がいいと思いますし、その辺りは自分がよく利用する機能や使い勝手を考えてみましょう。

 

私的には、スマホデビューの方や、iPhone5シリーズ以前機種を使っている方にはおすすめしたい機種!

 

iPhone SEまとめ

 

見た目はiPhone5s、中身はiPhone6sとほぼ同等である【iPhone SE】。

 

おすすめポイント

  • 4インチとコンパクトなサイズなので片手操作楽々
  • コスパ最強
  • バッテリーの持ちがすごい
  • 安っぽくないデザイン
 

ガッカリポイント

  • インカメラの画素数が120万画素
  • 3D touch非対応
  • 音が少しこもっている(というレビューがある)
  • 画面が小さいので、動画や電子書籍をよく利用する人には向かない
  • 128Gがない
 

ガラケーからの乗換えを考えているスマホ初心者やiPhone5s以前の機種からの変更はおすすめ!

 

 

いかがでしたか?

発売から1ヶ月が経過して、購入者もチラホラ出始めたiPhone SE。

 

iPhone SEが気になっていた人は、レビューや口コミなどを参考にして検討してみて下さいね。

 

 

スポンサードリンク


 - 国内ニュース, 暮らし・生活