気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

嵐コンサート顔認証の登録方法は?注意点や同行者写真やり方まとめ

   

 

嵐のアリーナツアー2016も、いよいよ始まりますね。

そしてそれと同時に始まることになった顔認証システム

 

転売等の防止策だと思われますが、その効果はいかに・・・?

関連記事:2016年嵐ツアーの顔認証を突破する抜け道や対策法はあるのか?

 

camera-801924_960_720
 

今回のアリーナツアーのみならず、今後嵐のコンサートに行く予定がある方は入場の際に顔認証が必要になります。

 

アリーナツアーに申し込んだ方は既にご存知かもしれませんが、これから嵐のコンサートに応募する予定の方や新規でファンクラブ会員になられる方のために、こちらの記事では顔認証写真の登録方法や、写真登録時の注意点などについてまとめてみたので、参考にどうぞ^^

 

スポンサードリンク



 

写真登録の前に・・・あなたはファンクラブ会員ですか?

 

顔認証の写真を登録するためには、まず嵐のファンクラブ会員であることが第一条件となります。

ですので、ファンクラブに会員登録をしていない場合は初めに登録を済ませておきましょう。

 

会員以外はコンサートに応募することや顔認証のための写真を登録できませんのでご注意ください。

 

 

顔認証写真の登録方法について

 

無事にファンクラブへの加入が完了しましたら、次は希望するコンサートやツアーへの応募になります。

 

嵐の顔認証のための写真は、あらかじめ登録するのではなく、コンサートに応募して当選した場合に行うものになります。

つまり、当選者のみが顔写真を登録し、落選者は登録できないということですね。

 

当選通知のメールに顔写真を登録するためのリンクが張ってありますので、そちらをクリックして登録に進みましょう!

 

 

写真登録の基準は、運転免許証やパスポートと同じ

 

顔が分かれば良いのかな?と普段のように撮影してしまうと、登録基準を満たしていない場合、エラーで再度取り直しになってしまいますの要注意!

 

portrait-317041_640
 

ではその撮影基準についてですが、実際に嵐のアリーナツアーに当選して登録を済ませた方の情報によりますと、

 
  • 背景が無地適度な明るさのカラー写真
  • 顔全体(頭の先から首元まで)が写っており、正面を向いた平常時の表情
  • 顔がはっきりと見える服装や髪形
  • スマートフォン、携帯電話、デジタルカメラで3ヶ月以内に撮影した写真
  • 帽子、マスク、サングラス(PCメガネ含)、装飾品(マフラーやヘアバンド等)は着用不可
  • アプリやソフトなどで修正や加工をした写真は不可
  • 前髪などで顔や目元が隠れている写真は不可
  • 写真サイズは最大5MBまでのJPG・JPEGのファイルで送信
 

というのが主な項目だったそうです。

 

登録写真の基準は、運転免許証などの証明書と同等だと考えると分かりやすいですね。

 

写真を撮る際の注意点とコツ

 

さぁ、基準はわかったしいよいよ撮影だ!と意気込んで画像を送信したのに登録エラーになってしまう事案が発生しているようです。

送り直しになってしまった場合、チェックしてほしいポイントや注意点などについて一つ一つ確認してみましょう。

 

 

背景が無地で適度な明るさのカラー写真

 

まず、背景が無地であることが基準の1つにありますが、これは『白背景』が一番すんなりいくようです。

カーテンや壁など、どこかしらのスペースを見つけてそこを背景にしてみましょう。

写真が撮れるだけの無地スペースが確保できない場合は、100均に売っているテーブルクロスやシャワーカーテンを使って背景を作ってしまうのもアリかと。

 

 

顔全体(頭の先から首元まで)が写っており、正面を向いた平常時の表情

 

ありがちなのは、ドアップすぎるあまりに頭のてっぺんがちょっとだけ切れていたり。

そして、女子にありがちな顎を引いて上目遣いポーズもNGです。

可愛く撮りたい気持ちも分かりますが、きちんと真正面を向いてください。

アヒル口はもちろんですが、笑顔も平常時の顔と認識されませんので、真顔です!真顔。

 

 

顔がはっきりと見える服装や髪形

 

もふもふの襟やマフラーに顔が埋もれたり、前髪で目元が隠れるとアウトです。

あと、よくある顔のわきに垂らしている横髪(?)で顔の輪郭が大きく隠れている場合もNG。

同じ理由で、ぬいぐるみなどを顔にそばに持って来たり、ピースなどをしているものダメですね。

 

帽子やマスクをつけたまま撮影する人はいないと思いますが、注意したいのはメガネです。

メガネのフレームが瞳にかかっていたり、フラッシュや室内の照明がレンズに反射していてもNGになりますのでメガネをかけている人は確認してみましょう。

また、メガネをかけて写真を登録した場合は、当日もメガネで行くことになります

 

 

撮影対象は1人です

 

家族や友達と撮影したものはNGです。

必ず1人で写っているものを使用してくださいね。

 

 

証明写真等を再撮影してはダメ

 

いくら直近の写真だとしても、免許証などの写真を再撮影するのはエラーになってしまうのでご注意ください。

もちろんプリクラの再撮影もNGです。

 

 

画像の修正や加工をしていないか

 

最近では画像編集アプリで、プリクラ並みに目を大きく補正できたりフェイスラインをすっきりさせることが出来るようになりましたが、それでは顔認証の意味がなくなってしまいます。

また、顔はそのままでも色調を変えたり、周りにスタンプ加工がある場合でもエラーになります。

 

 

というわけで、ここはシビアにみられていますので、証明写真を撮るつもりで素直に撮影しましょうね。

 

 

スポンサードリンク

フェイスペイントはNGなのか?

 

せっかくのコンサートだから、フェイスペイントもして思いっきり楽しみたい!

その気持ちも分かりますが、大きく外見を変える行為については、顔認証システム上はじかれてしまう可能性が高いので、写真の登録時認証時ともに控えたほうが賢明だと思います。

(顔認証を通過し、入場した後はOKです)

 

また、フェイスペイント以外にも外見を大きく変える行為はスムーズな入場の妨げになるので控えてほしいとのことでした。

ロングヘアからショートヘアへのイメチェンや、黒髪から金髪などに変えた場合は身分証明書(顔写真のついているもの)を忘れずに持っていきましょう。

 

 

同行者の顔認証写真の登録方法は?

 

同行者がいる場合は、同行者の顔写真の登録も必要になります。

 

ですので、自分が代表者で応募し、当選メールを受け取った場合は同行者から
  1. ファンクラブ会員番号
  2. ファンクラブ登録氏名
  3. 登録する顔写真のデータ
  4. 第一希望公演日の年齢(親子席希望の場合)
を受け取っておきましょう。

 

顔写真の登録基準は上記で説明した通りなので、同行者自身に写真を撮って送ってもらうか、代表者のスマホで写真を撮ってあげましょう。

同行者から写真を送ってもらう際は、画像の圧縮などで画質が極端に悪くなったり、写真のサイズを小さくしすぎないように気を付けてもらってくださいね。

 

 

顔写真登録の流れまとめ

 

顔写真の登録について、一通りの流れをまとめます。

 

当選メール受信



メールに記載されているリンクから受付専用のサイトへ



【顔認証写真登録】の申し込み



【顔認証写真登録】の案内メール受信



メールに記載されている送信先アドレスに顔写真を送信

(2人応募の場合は同行者の写真も代表者が登録)



送信が完了すると【顔写真登録完了メール】を受信

※不備があった場合は【顔写真再登録メール】を受信



顔写真の登録が完了すると【申し込み完了のお知らせ】を受信

 

 

顔写真登録完了メールが来てもやり直しになる可能性がある!?

 

写真の送信後に【写真登録完了】のメールが届いたからと安心していると、後日【顔写真再登録】メールが届いたという人もいるようです。

機械のチェック後に目視でのチェックがあるという噂も。

 

二重チェックの真偽はハッキリしませんが、実際に後から再登録を求められた人がいる以上、【申し込み完了】のメールが来るまではしっかりとメールフォルダを確認していたほうが良いですね。

特に、普段あまり立ち上げないPCでのアドレスを使っていたりする場合は注意です。

 

また一から写真を取り直すことになると時間もかかりますので、写真の登録は余裕をもって早めに済ませましょうね。

 

コンサート当日に顔認証が出来なかった場合は・・・?

 

無事に顔写真の登録が完了して、いざコンサート当日!

なんらかの不具合等でもし顔認証が出来なかった場合はどうなるのでしょう?

 

その場合は、写真付きの身分証明書での本人確認となります。(運転免許証やパスポート、学生証など)

※場合によってはファンクラブの会員証の提示を求められる可能性もあり

 

 

健康保険証など写真が確認できないものしか持っていない場合は、健康保険証+氏名と現住所が確認できる書類(住民票等)

などのように、本人確認ができる公的書類が2つ必要になります。

 

本人確認が出来ないと、せっかくのコンサートに入場できない・・・なんていうことになりかねないので、コンサートに行く方は万が一の場合に備えて必ず本人確認ができるものと、ファンクラブの会員証を持参しましょう。

 

concert-768722_640
 

皆さんが無事に写真登録を済ませ、楽しいひと時を過ごすことができますように!

 

 

スポンサードリンク


 - エンタメ・芸能