気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

天才トリプルアクセル少女《紀平梨花》が激熱!ポスト浅田真央

   

image
いまフィギュアスケートで激熱の選手が現れたのを知っていますか?

ポスト浅田真央と言われ、期待のNew faceが話題となっています。

それが紀平 梨花さんです。

 

image (3)
今回の記事では今後注目されること間違いなしの紀平梨花さんの凄さと、気になるオリンピック出場について書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク


期待の14歳!紀平梨花とは

 

話題沸騰中の紀平さんですが、なんと7月に14歳になったばかり!

現在の身長は149cmと小柄な紀平さんは、兵庫県で生まれ、5歳からスケートを始めたそうです。

 

image (1)
 

2年前には、トップクラスの選手達のコーチである濱田美栄コーチのもとへ移り、宮原知子、本田真凛、白岩優奈など期待されている選手と共に練習する日々を送りました。

 

image (5)
 

そしてメディア公開となる日、注目を浴びた紀平さんは報道陣に大胆な滑りをみせ、なんとトリプルアクセルを5回も成功させたのです!

image (8)
 

トリプルアクセルといえば、浅田真央さんが公式の試合でも何度も成功させ高得点を出して優勝したことで知られていますよね。

image (9)
 

トリプルアクセルとは3回転半のジャンプなのですが、女子では世界スケート連盟公認大会で、浅田真央さん、伊藤みどりさんら、6人しか成功させたことがありません。

 

それほど難しい技なのですが、紀平さんはメディア公開日の5回の成功うち4回は3回転トーループを付けた連続技で成功させています。

 

堂々とした滑りに驚く周囲をよそに、本人は

「今日はそれほど調子がいいわけではなかったです

トリプルアクセルは得意なので、クリーンに降りた時は3回転トーループも付けるようにしています。いまは練習では5本に3本くらい降りているかな

と中々な余裕な発言をし、メディアを圧倒させました。

 

そんな紀平さんですが、トリプルアクセルの練習を始めたのは昨年の春からだというから驚きです。

天才的なレベルで上達し、昨年の秋には試合の6分間練習でも成功をさせました。

 

「あのときはビックリしすぎて、他のジャンプが不安になっちゃうくらいでした。そのまま試合でもトリプルアクセルは(転倒したけれど)クリーンに回転しきったと認定してもらったので、本当に嬉しかったです」

とコメント。

 

ここから、期待の新人・天才少女として注目され始めたのです。

 

スポンサードリンク


オリンピック出場は?

 

image (10)
 

2015年に全日本ノービス選手権では3回転5種7本を決めて優勝するなど、しっかり結果を残しているので期待も膨れ上がりますよね。

これからの活躍が期待されている紀平さんなのですが、2016年の平昌オリンピックにはなんと、年齢制限により出場できないのです。

 

以前、トリノ五輪に浅田真央さんが年齢制限で出場出来なかったことが記憶には新しいと思います。

トリノ五輪の前に行われた世界選手権では優勝したのにも関わらず出られなかったことが話題となりましたよね。

フィギュアスケートの年齢制限の内容は、オリンピックの直前の7月1日までに15歳であること

 

ということは、次期冬季オリンピックの平昌オリンピックは2018年2月であるため、2017年の7月1日までに15歳になっていることが条件になってきます。

なんとあと3週間早く生まれていたら出場できたのです!少しすぎてすごく残念・・・。

 

こればかりはどうしようも出来ないことですが、出場していたら初めての公式試合での結果が出せたかもしれませんね。

image (11)
その次のオリンピックは2022年なので、19歳になった紀平梨花さんの活躍が見れるかもしれません。

 

今後の課題としては、まだ公式試合ではトリプルアクセルを成功させていないので確立を上げ、フリーの冒頭に組み込むことだそうです。

余裕があれば更に連続技にも挑む予定。

 

このトリプルアクセルからの3回転トーループが決まれば女子では世界初となります。

 

早く先輩方にくらいついて行きたいと前向きな姿勢を向け、やる気をみせている紀平梨花さんです。

まだまだ伸びしろがある選手で、たくさんの可能性を秘めているのですごく楽しみですよね。

激熱なフィギュアスケートは今年も要チェックしてみてください!

(ライター:きょうかママ)

スポンサードリンク


 - 国内ニュース