気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

小林麻央が進行性ガンで極秘入院?部位やステージ転移の有無など

      2016/06/11

 

ものすごく心配なニュースが入ってきました。

 

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が進行性のがんを患って極秘入院しているとのこと。

 

puffer_4
 

小林麻央さんといえば、海老蔵さんとの間に4歳の長女、麗禾(れいか)ちゃんと3歳の長男の勸玄(かんげん)くんが誕生し、現在は2児の母。

 

少し前の海老蔵さんの事件時も献身的に尽くし、必死についていった小林麻央さん。

ようやく事件も沈静化しつつあり、これから幸せな生活を・・・と思っていただけに、報道を見たときはとてもショックを受けましたし、何より体調が心配です・・・。

 

 

現在、入院をして治療を続けているとのことですが、朝のニュースでは『進行性ガン』という事実のみの報道でしたので、部位やステージ、転移などについての詳細は公表されていません。

 

今回の記事では、小林麻央さんの現在の状況やガンの部位などについて書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク


進行性ガンとは

 

今回報道された《進行性ガン》とは、

発症したばかりの早期がんに対して、がんの腫瘍が粘膜や筋肉の層を越えて体の深くまで浸潤している状態を指す。

転移している可能性もある。

がんの進行度を表すのが「ステージ」。ステージ0、1、2、3、4の順で、4が最も進行している状態。

とのことで、腫瘍がより深いところにまで及んでいるガンということになります。

 

そういえば、以前は夫である海老蔵さんが出演する歌舞伎座にもよく訪れていましたが、ここ1年ほどは姿を見せておらず、テレビにも出てきませんよね。

 

調べてみると、海老蔵さんのブログにも今年になってから一度も真央さんの写真がアップされていないことが分かります・・・。

 

 

海老蔵さんの発言

 

真央さんのことも感じさせないくらい明るく振る舞っている海老蔵さんですが、5月2日の「SMAP×SMAP」に長男の勸玄くんが出演した際、ブログにこのようなことを書き込んでいます。

 

「ありがとうございます。ありがとうございます。今マオと話してまして、本当嬉しいね、と 麗禾も勸玄も元気で嬉しいねと、実は今 マオが少し体調悪いんです。だから尚更嬉しいんです。私にとって、勸玄も麗禾も大切ですが、一番まおが大切です。例えるならSMAPさんのライオンハートです。今後とも温かく見守ってください。よろしくお願いします。 海老蔵とマオより」

 

一部では、真央さんがふっくらとし、体調不良を訴えているとのことで、『3人目妊娠説』がネットやマスコミの中でも飛び交っていましたが、抗がん剤治療の副作用だったということですね。

 

3人目妊娠のニュースだったら、どんなに良かったことか・・・

 

 

上記のブログを見ると分かりますが、ガンの発症で治療中の真央さんに対しての想いが溢れ出たのでしょうね・・・

 

改めて、真央さんがかけがえのない存在であることを明かしています。

 

 

海老蔵さんをはじめ、笑顔でサポートしてくれる家族がいることはガンを乗り越えるのにとても大切なことだと思います。

 

スポンサードリンク


スキルス性胃ガンの可能性

 

進行性ガンと聞いて、まず始めに思い浮かんだのが『スキルス性胃ガン』です。

 

普通、がんというのは胃の表面の粘膜に異常が起こり、その異常が進行していきます。ところが、スキルス性胃がんの場合は、胃の表面粘膜にあまり変化が起こりません。ですから、X線検査などをしてもわからず、胃カメラを飲んでさえも、比較的発見されずらいのです。

 

スキルス性胃ガンは30~40代の女性の発症が多いとのこと。

 

転移や生存率

 

胃の表面にあまり変化がなく発見されにくいことや、通常のガンが数年かけて進行するのに対して、スキルス性胃ガンは数ヵ月でステージ4(末期)まで進行してしまうこというスピードが特徴でもあります。

 

そのため、体調不良でガンが見つかったときにはかなりステージが進んでいることが多く、約60%の人に周囲の腹膜やリンパ節への転移が見られるとのこと。

 

また、がんの種を撒き散らしたような転移のため発見された時点ですでに手術できないケースも。

 

そして、その撒き散らされたがんの種を完全に取り除くのは難しく、手術した場合も再発する可能性が高いと言われているので、ステージや転移の有無にもよりますが、5年生存率は、約15%~20%とされています。

 

この生存率だけを見ると、ますます心配になってしまいますが、これはおおよその人が、ガン発見時に既にステージ3~4(末期)であることが多いための数字だと思います。

 

 

▼スキルス性胃ガンの5年生存率(約)
  • ステージ1A -95%  
  • ステージ1B -87%
  • ステージ2  ー70%  
  • ステージ3  -45%  
  • ステージ4  -10%
 

極初期のステージ1であれば、生存率はかなり高く、当然ながらステージが上がるごとに生存率は下がってしまいます・・・

 

スキルス性胃ガンだった有名人

 

1993年に43歳の若さで亡くなった、キャスター、タレントの逸見政孝さんがスキルス性胃ガンでした。
逸見さんは、胃がん検診を定期的に受けていましたが、表面上は見つけにくいガンのため、スキルス性胃ガンの発見が遅れてしまいました。

 

他にも、安めぐみさんのお母さんや、お笑いトリオ「ヒップアップ」の一員で、脇役俳優として活躍していた小林すすむさんが亡くなったのもスキルス性胃ガン。。

 

また、雨上がり決死隊の宮迫博之さんが患ったガンもスキルス性胃がん(極初期)だったとも言われています。

 

 

通常のガンであっても、年齢が若いほど進行が早いとも言われていますので、とても心配ですね・・・

 

しかし、若いからこそ体力もあり、回復に向かうと完治が早いともいいます。

 

 

スキルス性胃ガンというのはあくまでも私の憶測ですし、ステージも公表されていないため現在の状況等がハッキリと分かるわけではありせんが、どのようなガンでも早期発見であれば完治の可能性も高くなってきますよね。

 

0期から4期に分類される病期(がんの進行度を示す)呼び方で、どの程度悪化しているかだけではなく、
治療法を考える基準ともなるバロメーターになります。ステージはがんの深さや転移の状態により判断されます。

ステージの違いと治療法

ステージ0期や1期は、早期がん。内視鏡治療や狭い範囲の手術で完治が望めます。

2期は、手術によって良い結果を得ることが期待できます。

3期は、状況は悪くなってきますが、それでもまだ完治の可能性があります。

4期になると、末期がん。転移が遠くまで広がっているので、完治は困難です。
末期症状になっていることも多く、がんを克服すると言うよりも進行を遅らせることが中心になります。

 

治療に専念しているということは、少なくとも末期(ステージⅣ)では無いでしょう。

 

真央さんといえば、お姉さんの小林麻耶さんも体調不良で現在長期休業中。

関連記事:【パニック障害】小林麻央の休業の原因は島田紳助にあるという噂

 

姉妹ともに、今はゆっくりと身体を休める時期だと思います。

 

真央さんは幼い子供を残しての入院治療となり、とても大変だと思いますが、頑張って大きな病に立ち向かい、1日も早く回復してほしいと願います・・・。

 

また何かわかりましたら更新します。

 

※追記※海老蔵さん緊急記者会見

 

※海老蔵さんの会見がありましたので記事を更新します。

関連記事:小林麻央は進行性乳ガンと発表。ステージや転移などは?

 

その他関連記事

小林麻耶がハマった子宮系女子とは?カルト集団に傾倒する不穏な噂

最新がん治療に繋がる?がん患者の死因は悪性腫瘍ではなく『栄養失調』説に衝撃

 

スポンサードリンク


 - エンタメ・芸能, 国内ニュース