気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

《貧乏人の共通点》お金が貯まらない残念な財布の特徴7選

   

image (1)
 

あなたが使用しているお財布はどんな財布でしょうか?

 

財布の持ち方、管理の仕方であなたが貯金できるタイプなのか、それともお金の溜まらないタイプなのかがわかってしまいますよ。

 

当てはまることがないかチェックしてみましょう!

 

スポンサードリンク


貧乏財布タイプ7選

 

クレジットカードが多い

この店ではこのカードなどバラバラに使っていると、毎月自分がどこでどのくらい使っているのかがわからなくなり、使い過ぎだということに気がつきません。

無駄遣いに気づかないと改善が難しくなります。

 

キャッシュカードが多い

image (2)
 

貧乏な人に限ってケチだというデータがあります。

 

財布に見合ったお金、収入になるといわれており、良い財布にそれなりに合うお金を入れておくと、あなたの収入も財布に見合った額になるということですね。

キャッシュカードが多いと、頻繁にATMからお金を出し入れする傾向があり、手数料がかかり逆にお金が出て行くことになります

お金が貯まらないだけではなく、無くす可能性や盗難の可能性もありますよね。

カード類の再発行も手数料がかかりますのでカード類は多く持たないほうが良いでしょう。

 

レシートやポイントカードで溢れている

image (3)
 

いらないレシートや1度しか行ったことのないようなお店のポイントカードで財布がパンパン・・・

こんな《ゴミ箱財布》になっていませんか?

 

image (4)
 

家計簿を書くから、、、とレシートを残し、また行くから、、、とポイントカードを残し、「いつか」という言葉がつくようなものは永遠にたまっていってしまいます。

 

これではお金の流れが悪くなり、新しいお金を迎え入れる状態ではありませんよね。

見た目もスマートではなく、見るからにこういった財布の持ち主はお金持ちではないということがわかってしまいます。

 

お札の向きがバラバラ

image (5)
お札の上下、裏表が揃っていないとお札達がすれ違いをおこしてしまうと言われています。

 

整ってみせるためにも向きをそろえ、スマートな財布になるよう心掛けましょう。

そうすることでお金を大事に思う気持ちが高まり、無駄遣いも減ります。

 

おもちゃのような財布

子どもが使うような財布や安っぽい財布を使うと、それに似合ったお金の入り方、収入になってしまうためお金の流れが悪くなります。

お金を大事に思うことが重要なので、財布にも気を使いましょう。

 

ボロボロの財布

image (6)
愛着を持ち、ものを少しでも長く使おうとすることはとても大切なことですよね。

しかし、あまりにボロボロの財布を使うとお金も寄り付かなくなってしまいます。

パンパン財布では、詰め込みすぎて型崩れをおこしますのでご注意ください。

 

派手すぎる財布

個性的な財布や飾りがジャラジャラついている財布の持ち主はミーハーで見栄っ張りタイプの浪費家が多く、無駄遣いが多いタイプです。

派手だからダメ!ということではありませんが、お金持ちの財布はシンプルな場合がほとんど。

自分に合ったそこそこの財布を綺麗に使うことが1番です。

 

 

ここまで、貧乏な人に共通する財布の特徴をあげてみましたが、当てはまるものはありませんでしたか?

ほとんどが簡単に改善できますので、参考にしていただけると光栄です。

 

それでは逆にお金が貯まる財布にはどのような特徴があるか見ていきましょう。

 

まず、《お金を大切にする》という概念が一番大切です。

 

スポンサードリンク


お金持ちの財布の特徴とは

 

きっちり整理されている

image (7)
 

クレジットカード1枚、キャッシュカード1枚、よく使うポイントカードのみ、レシートはゼロ、小銭は少なくお札がそれなりに揃って入っている・・・

など、お金持ちの人の財布は中身が少なく、財布がスマートに見えます。

 

必要な物だけを持ち、お金の居心地を良くしておくと、自分の元に居てくれて新しいお金も迎え入れることができます。

 

高品質の財布

高額のものというより高品質なものが良く、10年くらい長持ちするような財布が理想です。

高品質な財布を選ぶということは自分の目利きが必要でブランドに対する知識も必要ですし、自分なりの財布へのこだわりを持てます。

すると愛着が深まり財布もお金も大切に扱うようになれます。

 

長財布である

長財布でないといけない!ということは全くありませんが、お札を折らずに入れられるということから長財布は良いと言われており、実際にお金持ちの人はほとんどが長財布を使用しています。

 

他にも財布の扱い方にも違いがあります。

お金持ちの人はやはりより一層お金を大切に思っています。

男性に多い《後ろポケット》に財布を入れるという行為ですが、これでは座ったときに財布を踏んでしまいます。

image (8)
 

なので、お金持ちの人は後ろポケットには財布を入れません。

 

内ポケットやハンドポーチに財布をしまうと、出すときもスマートに見えますよね。

image (9)
他には財布にヘビの抜け殻、や金運アップグッズのものを入れたり、鈴をつけたりするとお金が貯まるとも言われます。

 

でもそれはお金の貯まる財布にしてからが良いかもしれませんね。

 

まずは《自分のお金に対しての考え方》を見直してみましょう。

そうすると自然と財布に対しての考え方も変わると思いますよ。

お金が欲しい、お金を貯めたいと思うのであれば、お金のお家ともなる財布をまずは大切にしてあげて、いつでもお金を迎え入れられる環境を整えておくべきでしょう。

(ライター:きょうかママ)

スポンサードリンク


 - ネタ・雑学, 暮らし・生活