気になるアンテナニュース

最近の気になるニュースやネットで話題の情報などを随時更新!

熱中症予防に効果的な飲み物を手作りしよう!作り方やレシピ詳細

   

 

GWもいよいよ終盤ですが、関東では今年初の夏日を記録するなど、そろそろ本格的に半袖でも良いような気候になってきました。

バーベキューなどのレジャーや屋外でのスポーツ、お出かけなど、外出が楽しい季節!

 

clouds-429228_960_720
しかし、それと同時に注意しなければいけない【熱中症】。

毎年たくさんの人が熱中症により搬送されるニュースや、死亡事例も多数報告されているのはみなさんもご存知だと思います。

 

特に小さいお子さんや高齢者のいるご家庭は要注意ですが、部活をはじめ屋外活動が多い学生なども注意する必要があります。

今回の記事では、熱中症の症状や対処法をはじめ、自宅で簡単に手作りできる”熱中症予防にぴったりな飲み物の作り方”などについて、改めて調べてみましたので、本格的な夏が来る前に今一度おさらいしておきましょう。

 

スポンサードリンク


熱中症とは

 

熱中症とは、室内外を問わず、気温が高い状態が長く続くと、発汗により大量の水分や塩分が失われてしまうことで脱水症状を引き起こしたり、湿度が高いことで体温の調節がうまくいかなくなり、体の中の熱が放出されなくなってしまう状態です。

 

熱中症は度合いによっては気づかないこともあり、対処が遅れると命を落としてしまうこともあります。

 

熱中症と思われる場合の対処法

 

暑い部屋にいるときや、屋外にいるときに、頭痛や吐き気を感じたら”自分は熱中症かもしれない”と気付くのが大切です。

また、熱中症のような症状が見られる人を発見した時も、まずは慌てずに以下の対応をしましょう。

 
  • 涼しい場所に移動し、衣服をゆるめてリラックスさせる
  • 首筋やわきの下、足の付け根を冷やす
  • 顔が赤い場合は頭を高くし、青白い場合は足を高くして寝かせる
  • 意識があり、嘔吐がなければ水分を補給させる
  • 身体が熱い場合は濡らしたタオルや送風で冷やす
  • 意識がなくなったり、急に高熱を出した場合は救急車を呼ぶ
 

※水分補給に関して

意識障害や嘔吐がある場合に無理に水分をとらせようとすると誤嚥の危険性があるので気を付けましょう。

また、大量の汗をかいているときに水分のみを与えるとけいれんを起こす場合がありますので、できれば塩分の含まれているものやスポーツドリンクなどを飲みましょう。

 

 

熱中症は4タイプに分けられる

 

熱中症には、
  1. 熱失神
  2. 熱けいれん
  3. 熱疲労
  4. 熱射病
というように4タイプあり、それぞれの症状によって軽症~重症に分けられます。

 

熱中症タイプ別の症状や応急処置など

 

一般的に軽症(応急処置で対応できる)とされているのが、”熱失神””熱けいれん”

症状は、めまいや失神、筋肉痛、手足がつる、大量の発汗などがあげられます。

 

熱失神の場合は、脳に血液が回りにくくなっており、顔が青白くなっていますので足を頭より高くして休ませます。

 

熱けいれんを起こしている場合は、体が脱水症状になっています。

水だけを飲んでいて塩分が足らない状態ですので、塩分の補給をしましょう。

塩分入りの飲み物を飲ませるのは効果的ですが、塩分を体に早急に取り入れるには、生理食塩水がベスト。

生理食塩水は、1リットルの水に9gの食塩を入れてよく溶かすだけで出来上がりますので、炎天下の下などに長時間いる予定がある方は、万が一の場合に備えて少量持ち歩いていても良いかもしれません。

 

 

 

そして、中度症(場合によっては病院への搬送が必要)とされているのが、”熱疲労”。

症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、強い倦怠感や虚脱感などがあげられます。

 

 

熱疲労の場合は、重症の脱水症状を起こしているため、早急に水分補給が必要です。

飲ませる際は、ただの水ではなく、生理食塩水やスポーツドリンクなど”塩分が含まれているもの”が良いです。

また、脳に血液が回りにくくなっている為、顔色が悪い場合が多いです。

休ませる際は、足を頭より高く上げて休ませましょう。

 

 

そして、最も重症(救急搬送が必要)とされているのが”熱射病”になります。

熱射病の症状は、意識障害を伴うけいれんや、高熱、手足の運動障害などがあげられます。

 

熱射病は、異常なほど体温が高くなり命の危険がある重症の熱中症です。

迅速に体温を下げる必要がありますが、まずは救急車を呼び、救急車が到着するまでの間は保冷材や氷などをつかって大動脈がある首やわきの下、足の付け根などを冷やします。

 

乳幼児や高齢者は特に注意

 

乳幼児は体温調整が未熟なこともあり、熱中症になりやすいです。

また、症状や喉の渇きなどをうまく言葉で伝えられないので、保護者がしっかりと観察する必要があるでしょう。

そして、高齢者の場合は体の機能の衰えもあり、脱水症状になっても体が反応せず周囲も異変に気付きにくいということがあります。

高血圧や糖尿病、認知症などの持病がある場合も重症化しやすいそうなので、もし高齢者が炎天下の下で体調不良を訴えた場合は、目に見える症状がなくても思った以上に重症な場合があるので病院へ連れていくのが確実です。

 

 

熱中症予防に効果的な飲み物を手作りしよう

 

誰もがなってしまう可能性がある”熱中症”。

熱中症のごく初期段階は”脱水症状”から始まることから、熱中症の予防には《水分補給》が必須です。

 

汗をかくと、水分だけではなくナトリウムなど様々なものが失われていきます。

ですので、普通の水やお茶を飲むだけでは電解質が足りない・・・。

 

塩分不足は熱中症のひとつである、”熱けいれん”や”熱疲労”につながってしまうため、水分だけを補給しても熱中症の予防にはなりません

 

 

そんなときに活躍するのが、体が必要としているナトリウムイオンなどの電解質がバランスよく含まれている《経口補水液》です。

 

スポンサードリンク

飲む点滴《経口補水液》の作り方

 

m_2014-8-20_6ceb438094287061caa5efcffba111dc
「飲む点滴」ともいわれる経口補水液は、市販品もありますが結構なお値段がするんですよね。

熱中症予防のために毎日購入すると凄い金額・・・^^;

 

我が家のようにわんぱく盛りの子供たちが多い家でも、自宅で手作りすれば毎日しっかり予防ができます。

しかも、作り方はとっても簡単なので、これだけはぜひ覚えて帰っていただきたい!

 

*****************************

熱中症予防にぴったりな飲み物

《経口補水液》の作り方

*****************************

○材料○
  • 水・・・1リットル
  • 砂糖・・40g(大さじ4と1/2)
  • 塩・・・3g(小さじ1/2)
 

これが『飲む点滴』と呼ばれる、一般的な経口補水液の基本レシピです。

作り方は、すべての材料を水筒やペットボトルに入れ、塩や砂糖が完全に溶けるまでしっかりシェイクするだけというお手軽さ!

ナトリウム、水分の吸収率が素晴らしい飲み物がこんなに簡単に作れていいのか?と思っちゃうほどカンタン。

 

lemons-686918_960_720
更に、お好みではありますが『レモン汁』『グレープフルーツ』などの果汁をプラスすることで、風味も少し良くなり、クエン酸の効果で更に水分の吸収率を高めることが出来ます。

 

経口補水液の味や飲み方は?

 

経口補水液の味ですが、ずばり『おいしくない』です。

魔法の飲み物のように言っていますが、結局のところ、”塩と砂糖を混ぜた水”に変わりありません。

味は期待するものではありませんが、脱水症状の人が飲むと『ものすごく美味しく感じる』らしいです。体が欲している・・・ということなのでしょうね。

 

そして、この《経口補水液》の飲み方ですが、一気にグビグビ飲むのではなく、コップ1杯を30分かけて飲むくらいちびちびと飲みましょう。

一般的には1日500ml~1000mlくらいの量を少しずつ飲むのが良いとされているそうです。

赤ちゃんでも、50~100ml/kgの量を数時間かけて飲むのはOKとされていますが、あまりに月齢が低い(新生児~生後3か月未満)の場合はかかりつけ医に相談してみてくださいね。

 

果汁を使用したおいしい《経口補水液》レシピ

基本のレシピに、
  • レモン汁などを足す
  • 砂糖をはちみつにかえる
などのアレンジもありますが、もっと美味しく飲みたい!という場合は果汁で作るレシピもあります。

 

果汁で作る場合は、100%果汁を使用してください。

 

100%りんごジュースの場合・・・ジュース720ml+水280ml

100%オレンジジュースの場合・・・ジュース400ml+水600ml

100%グレープフルーツジュースの場合・・・ジュース450ml+水550ml

 

ジュースと水の合計を1リットルにした後、塩3g(小さじ1/2)を混ぜて完成です。

 

いつもの経口補水液に飽きたときに試してみてはいかがでしょうか。

 

 

子供から大人まで、様々な時に使える《経口補水液》

 

市販で売っているスポーツドリンクは糖分が多いので、特に子供に飲ませるのには躊躇してしまうお母さんもいるのではないでしょうか。

human-771601_960_720
適量を飲む分には問題ありませんが、汗をかく季節になるとどうしても水分の摂取量が増えるため、全てをスポーツドリンクにすると糖分の過剰摂取が心配・・・。

 

手作りドリンクはスポーツドリンクと似ているところもありますが、市販のものに比べて吸収率が高く、ナトリウム量が多くて糖分が少ないので、これからの季節の水分補給に適しています。

 

また、熱中症の予防や脱水状態の改善はもちろんですが、風邪の時や胃腸炎による下痢や嘔吐、二日酔いなどにも効くとされている『飲む点滴』。

作り方はとても簡単なので、アレンジをしながら自分好みの味を見つけてみるのも良いかもしれません。

これから本格的に暑くなってきますが、”手作りドリンク”で乗り切りましょう!

おすすめの作り方やアレンジなどがあれば、ぜひコメント欄などから教えてください^^*

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサードリンク


 - ネタ・雑学, 暮らし・生活