気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

【ネタバレ感想】名探偵コナン黒の組織ラムの正体は?映画純黒の悪夢

   

 

人気アニメ【名探偵コナン】の2016年最新劇場版【名探偵コナン 純黒の悪夢】が4月16日から上映開始されましたね。

 

 

既に観てきた方々からは、

 

『20周年に相応しい最高傑作』

『ここ数年で断トツ』

『自分的には歴代の中でもトップクラス!』

 

というようにかなりの高評価を受けており、謎が多い【黒の組織】に関する話というだけあって、世間の注目を集めています。

 

636316
出典:www.inside-games.jp

 

ちなみに、黒の組織が映画に登場するのは、2009年に公開された第13作の【純黒の追跡者】以来7年ぶりというから驚き。

 

【純黒の悪夢】では、女優の天海祐希さんがゲスト声優をつとめ、主題歌はB'zと相変わらずの豪華メンバーですが、ゲスト声優が”黒の組織のメンバー”として起用されるのは過去に例がないですね。さすが20周年。

 

この記事では、映画【純黒の悪夢】のあらすじから詳細ネタバレ、そして黒の組織のラム(RUM)の正体について書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク


20周年記念映画!劇場版【純黒の悪夢(ナイトメア)】のあらすじ

 

 

ある夜、日本の警察に侵入したスパイが、イギリスの《M16》・ドイツの《BDN》・アメリカの《CIA》、そしてFBIなど世界中の組織の機密データを持ち出そうとするが、安室透が率いる公安が駆けつけ失敗。

スパイは車を奪って逃走し、安室と高速道路でデットヒートを繰り広げるが、FBIの赤井秀一によってスパイの車は道路の遥か下へと転落していった―。

そして次の日、リニューアルして大盛況の東都水族館に遊びにきていたコナンたちは、水族館の目玉となる巨大観覧車の下で、ケガをして一人たたずんでいる美しい女性を見付ける。

その美しい女性は左右の瞳の色が異なる、通称”オッドアイ”の持ち主。

しかし、彼女は記憶を失っており、自分の名前も分からない状態。

その記憶が戻るように手助けをすると約束をしたコナンたちは、そのまま彼女と一緒に過ごすことに―。

そんな彼女とコナン達の一部始終を陰で見ていたのは、黒の組織のベルモット。

ベルモットはその場を後にしながら、装着していたインカムに言い放った。《そのつもりよ、ジン》

 

 

今回の映画は、公安警察の安室透やFBIの赤井秀一、そして黒の組織のベルモットがいきなり登場するということで、最初からワクワクすること間違いなし。

物語の鍵を握るのは、”オッドアイ”の謎の美女・・・。

 

 

名探偵コナン【純黒の悪夢(ナイトメア)90秒予告編】


いよいよネタバレ!

 

では早速、映画【純黒の悪夢(ナイトメア)】の内容です。

自分の目で確かめたい!という方はここでお戻りください。

 

 

映画【純黒の悪夢】完全ネタバレストーリー

 

※簡単に書くつもりですが、最初から最後までの流れなので長くなります^^;

 

 

黒の組織の一員である謎の女性(新キャラクター)は、”あるもの”を狙って警視庁に忍び込みました。

その”あるもの”というのは、M16やCIA、FBIというような各国の機密データ。

このデータは”ノックリスト”と呼ばれ、安室や水無などの黒の組織への潜入捜査官の情報も載っているもの。

 

謎の女性はPCを操作しながら、5色のフィルムで何かをしている様子。

 

そこへ、安室透率いる公安警察が駆けつけ、謎の女性を捕獲しようとしますが逃げられてしまいます。

 

車を盗んで逃走した謎の女性を捕まえるために、安室透と赤井秀一がそれぞれ追いますが、大規模な事故や爆発で取り逃がしてしまう結果に。

 

(オープニング)

 

そして次の日。

リニューアルされた東都水族館へと向かう車の中から物語がスタートします。

昨晩のカーチェイスのニュースを見ながら水族館へ向かうのは、少年探偵団と阿笠博士。

 

リニューアルされた東都水族館のトレードマークは、北と南に設置された大観覧車。

 

観覧車に乗りたいと騒ぐ少年探偵団は、毎度恒例(?)の阿笠博士のクイズに挑み、コナンのヒントのおかげもあって、水族館と観覧車、両方を楽しめることになりました。

 

チケットを買いにいっている間、コナンは異様なニオイを感じました。

観覧車の下には、顔や衣服が汚れ、呆然とベンチに座る”オッドアイ”の女性が。

 

その女性が記憶喪失だと知ったコナンと少年探偵団は、彼女の記憶を取り戻すための捜査を始めます。

彼女の所持品は、壊れたスマホと5色のフィルムだけ。

コナンが感じたニオイは、ガソリンのニオイ。

他には何も手がかりがありません。

 

その捜査の最中に、異常なまでの彼女の能力を目の当たりにした灰原はコナンを呼び出し、彼女が黒の組織のNO.2であるRUM(ラム)なのではないかと訴えました。

 

ラムの姿ははっきりとは知られていませんが、片目が義眼だという特徴があるので、オッドアイである彼女を警戒していたのです。

 

隙を見て観覧車に乗りにいった少年探偵団と謎の女性。

観覧車が頂上付近につくと噴水や5色のスポットライトの演出が始まり、それを見た女性は急に発作を起こし、頭を抱えながら何かをぶつぶつと呟きます。

 

光彦は慌ててメモを取り、歩美は光彦の携帯でコナンに助けを求め、女性は医務室へ運ばれました。

 

コナンが呼んだ目暮警部や高木刑事、佐藤刑事によって、記憶喪失の謎の女性を警察病院へ一時入院させることになり、この会話を影から聞いていたベルモットは、ここで初めて彼女が記憶喪失であることを知り、黒の組織へ連絡。

 

そして後日、彼女が所持していた《壊れたスマートフォン》の復元に成功したコナンは、記憶喪失の女性が【黒の組織の一員】だと確信しました。

 

さらに、送信履歴には【スタウト、リースリング、アクアビット、あなたが気にしていたキールと、バーボン】とあり、ノックリストの一部の情報が黒の組織に伝わっていることを知ります。

 

それと同時期に、ロンドン、トロント、ベルリンでは、潜入捜査員であった【スタウト、リースリング、アクアビット】がそれぞれ、キャンティとコルン、ジンとウォッカによって次々と暗殺され、日本に戻ったジンとウォッカは、キールとバーボンを監禁。

 

潜入捜査員であることを吐かせようとし、キールがジンに腕を撃ち抜かれ、バーボンに銃を向けた時、ベルモットの携帯に【キールとバーボンは白だったわ。安心して。】というメールが届き、一時的にですが、スパイではないと偽装することに成功します。

 

このメールを送ったのは、コナンに指示をされた阿笠博士。

 

このメールはキュラソーが送ったものとは限らないというような発言があり、ここで初めて、謎の女性の名前が【ラム】ではなく、【キュラソー】だということがわかります。

 

そして急に照明が落ち、バーボン(安室)は手錠をはずして逃走。

 

キュラソーは相変わらず、記憶を取り戻せないまま入院生活を送る日々。

本来は面会禁止だが、キュラソーが子供たちに心を許していたこともあって、少年探偵団の歩美・光彦・元太らは特別に面会の許可をもらいます。

少年探偵団の3人がキュラソーと楽しんでいるところに公安警察がやってきて、目暮警部はキュラソーの身柄を公安警察へ渡しました。

 

東都水族館にある観覧車から見える5色のライトを見せると、記憶が戻ることを知った安室透の指示で、公安警察はキュラソーを東都水族館に移行。

 

しかし、キュラソーが再び東都水族館にくると予測していた黒の組織は、観覧車に爆弾を仕掛け、観覧車に乗ったキュラソーをゴンドラごと奪還する計画を立てていました。

 

そして東都水族館には、黒の組織・安室透を始めとする公安警察・赤井秀一・観覧車に乗りに来ていた少年探偵団と連れてきた蘭&園子・コナン・灰原らが集うことになります。

 

キュラソーの記憶を取り戻すために、一緒に観覧車に乗り込むのは安室の部下、公安警察の風見。

 

ところが、観覧車の頂上付近で記憶を取り戻したキュラソーに襲われて気絶。
キュラソーは風見の携帯を使ってベルモットに連絡を取ります。

キュラソーを取り戻そうと、ジン達がヘリコプターで近づきますが、記憶を取り戻したキュラソーは、黒の組織には戻らない決意をしてゴンドラから逃げ出します。
キュラソーが裏切ったことで、黒の組織はキュラソーの奪還計画を変更し、抹殺することに。
ゴンドラ全体をマシンガンで撃ち始めるジン達。
別のゴンドラには少年探偵団の3人と、彼らを助けに行った灰原が乗り合わせていました。

 

組織を裏切った理由を、キュラソーは偶然会った灰原に、【組織にいたときの自分より、今の自分の方が好きだから】と話します。

灰原はキュラソーの助けを借りて歩美たちを助けに来たのです。

 

風見が取り残されている頂上のゴンドラに向かうコナンでしたが、そこにキュラソーの姿はなく、黒の組織の襲撃によって一時気を失ってしまいます。
そして、コナンと風見の乗ったゴンドラは地上に落下するも、観覧車の爆弾を阻止するため、爆弾の停止を試みます。

 

そして、時を同じくして、壮絶な戦いを繰り広げていたのは安室透と赤井秀一。

戦う2人に状況を説明したコナンは、爆弾の解体を安室に任せ、赤井はジン達の乗っているヘリコプターの襲撃を試みます。
そして、安室・赤井・コナンの協力で、なんとかジン達の攻撃をやめさせることが出来るますが、最後の狙撃で観覧車の土台が外れてしまい、少年探偵団を乗せた観覧車は水族館に向かって暴走。

 

水族館には蘭や園子の姿。

水族館に観覧車が転がり突っ込んだら大惨事は免れない・・・。

 

コナンと赤井秀一、安室透がなんとか観覧車を止めようと試みるものの、あと一歩のところで止まりません


キュラソーは少年探偵団の子供たちを助けたい一心で、自らも負傷しているのにも関わらず、クレーンを運転して、間一髪のところで観覧車を止めることに成功。
しかし、キュラソーの乗っていたクレーンの運転席に巨大な落下物が・・・
そしてキュラソーは命を落としてしまう。

 

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

はい、以上がざっくりと最初から最後までのネタバレになります。

 

スポンサードリンク


 

 シャアvs安室の戦いが今蘇る

 

今回の映画は、推理よりアクションの要素が強めで、推理などはほとんど出ていません。

なので、主役は、コナンくんというより【安室・赤井・キュラソー】の3人ですね。

 

ご存知の方も多いと思いますが、安室(バーボン)と赤井の声優さんは、あのガンダムのアムロとシャアの方です。

 

安室=アムロ

赤井=【赤い惑星】シャア

そのままの名前ですね。

 

安室と赤井はファンが多いので、この2人の戦いが見れるなんて、ファンの方は嬉しいのでは無いでしょうか?

 

対立しつつも、やるときはやる。

そんな2人のヒーローをみて、胸熱にならない人はいないでしょう。

 

 

黒の組織NO.2【RUM(ラム)】の正体まとめ

 

今回の映画で登場する、謎のオッドアイの女性が【ラム】なのではないかと映画の公開前から騒がれていましたが、新キャラクターは【キュラソー】だったので、ラムではありませんでしたね。

キュラソーの声優は天海祐希さんですが、ぴったりハマっていて違和感なく楽しめます。

 

話題になっている【ラム】の正体とは・・・?

 

ラムについて分かっていること↓
  • 【RUM】はコードネーム
  • 灰原はあったことがない
  • ボスの右腕的な存在で、組織のNO.2(ジン以上の存在)
  • 屈強な大男
  • 女のような男
  • 年老いた老人
  • 事故で目を負傷し、左右のどちらかが義眼
  • いよいよ動き出している
ラムはこの人だ!!と決定づけることは明らかになっていませんが、原作の青山先生は自身がハマっているゲームの中で

《(RUM)はもう出てたりして・・・》と発言していることから、ラムは既に登場している人物の可能性が高いことが分かります。

 

ネット上で話題になり、いちばん多い意見は、86巻に登場した《黒田兵衛》。

 

片目が隻眼で、大男というところが一致しています。

 

ただ、これではあまりにも普通すぎる気が・・・

ミスリードが大好きな先生なので、いかにもな黒田はラムではないと思いますね。

 

他にも、一部の人の間でラム疑惑が浮上したのは大和のカンちゃんとかでしょうか。

 

屈強ですし、髪を後ろに縛っていることから【女のような男】、また足が悪く杖をついているので【年老いた老人】など、ラムに関して分かっているイメージに当てはまる部分が多いからでしょう。

 

しかしこれは先生によって否定されていますので、カンちゃん=ラムでもなさそうです。

 

案外、もっと意外で身近な人物だったりして・・・?

 

 

キュラソーの能力を考察

 

膨大な量のノックリストを一瞬で覚えたり、少年探偵団とのオセロ遊び時に崩れたオセロを元通りに戻したりしていたことから、キュラソーの能力は、瞬間記憶能力ではないでしょうか。

 

映画の冒頭でノックリストを記憶する際、5色のセロファンを取り出していたので、おそらくこの5色のセロファンが記憶の媒体で、これを見ることで記憶のインプットやアウトプットを行っている、という認識なのですがどうなのでしょう?

 

 

コナンファンにオススメしたい映画【純黒の悪夢】!

 

ここまで色々と書いてきましたが、コナンファンであればとても楽しめる内容になっています。

1度観た方からも【また観たい!】という声があるように、数回みるうちに新たな発見があるかもしれませんね。

黒の組織も、ジンやウォッカ、ベルモットのみならず、コルンやキャンティも勢ぞろい。

先述した通り、安室と赤井のガンダム対決もファン必見。

 

ただ、毛利蘭や毛利小五郎はほとんど出てきませんので、《新一ぃぃぃ~》《蘭ーーー!!》というような展開にはなりません(笑)

 

何度でも観たい、20周年の傑作映画!

貴方もぜひ劇場で1度観てみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク


 - 漫画・アニメ