気になるアンテナニュース

最近の気になるニュースやネットで話題の情報などを随時更新!

電気代節約の意外な事実!つけっ放しの方がお得な家電たち

   

 

いよいよ暑い夏がやってきました。
毎日暑くて、エアコンなければいられない日々を過ごしているのではないでしょうか。

しかし、気になるのが電気代。

特に真夏は電気代が跳ね上がるので、違った意味でヒヤヒヤしてしまいますよね。

 

Hand with remote control directed on the conditioner.
 

そんなあなたに朗報です!
意外に知らない、付けっ放しの方がお得な家電があるのです。

そこで今回は、電気代節約のためにも、付けっ放しにした方がお得な家電について紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク


本当に!?つけっぱなしがお得な家電たち

エアコン

エアコンは、“電気代が高い”というイメージが一番ある家電です。
そのため、電気代節約と言って長時間付けっ放しにしないようにと、こまめにつけたり消したりしていませんか?
しかし、実はこまめに切ったり入れたりしていると電気代が高くなってしまうのです。

 

エアコンが電力を膨大に消費する時は、
「スイッチを入れた立ち上がり直後〜設定温度に達するまで」と、
「設定温度と外気温との差が大きい時」です。

 

スイッチを入れるとき~切るまでの間、ずっと同じ電力を使っているわけでは無いということですね。
電力をほとんど使わなくて済む時間帯があるので、電気代を節約するには、「電力を膨大に使用する時」をできるだけ減らす事が重要なのです。

電気代がもったいないと思っていたエアコンの付けっ放しも、消費電力のことを考えると逆に節約になってしまうのです。
ただし、これは比較的最近の省エネエアコンに限ります。

昔の古い型のエアコンは、付けっ放しの方が高くついてしまう事があるので、注意が必要ですよ!

関連記事:エアコンの電気代問題を解決する正しい節電方法

 

テレビ

「待機電力」を心配して、コンセントを抜き差しする事の多いテレビ。
コンセントを抜けば、とても節電になる気がしていましたが、実は現在の液晶テレビは待機電力がほとんどかからないのです。

 

一年間、コンセントを差しっぱなしで待機状態にしていたとしても、その電気代は約6円
もちろんこれは、メーカーや消費によっても違いますが、例え3倍だとしてもたったの20円なのです。
そのため、一昔前は節約の代名詞ともいえたコンセント抜き差しは、思うほど大きな節約にはならないもよう。

また、毎回コンセントを抜くというのはコンセントを入れる時に電力が一気に使われるため逆に電力を消費してしまいます

 

他にも、主電源を切ってしまうことで、最新のデータを取得できなかったり、録画ができないなどのデメリットが出てきます。

テレビは、主電源は切らずに、リモコンのOFFだけでOK
もちろん、テレビを見ない時にはリモコンで消す事で、節約にはなりますよ!

 

スポンサードリンク


パソコン

パソコンは、起動時に消費電力が大きいと思われがちです。
しかし実は、起動時シャットダウンする時に一番消費電力を必要とするのです。
起動とシャットダウンだけで、パソコンを2〜3時間使用した時と同じくらいの電力を必要とするといわれています。

そこで気をつけたいのが、パソコンから離れる時。

しばらくパソコンから離れる場合でも、電源は切らずに「スリープ」状態にしましょう。

 

しかし、それも必ずというわけではありません。
パソコンから離れる時間が、90分以下の場合に限るようです。
短時間、パソコンから離れる時は「スリープ」状態にして、つけっぱなしにしておきましょう。

このように、「節電=電源を切る」「つけっぱなし=電気代が高い」というわけではないのです。
現在は、省エネがとても重視されています。

そのため、年々日本の家電も進化を遂げているのですね。

あなたも、快適にかつ家計にも優しく、上手に家電を使ってみませんか?

(ライター:pichan)

スポンサードリンク


 - ネタ・雑学, 暮らし・生活