気になるアンテナニュース

気になるニュースやネットで話題の情報などを綴る雑食系ブログ!

エアコンの電気代問題解決!クーラーの正しい節電方法について

   

image
梅雨が明け、そろそろ夏本場!

今年の夏は猛暑になると言われ、もうすでに毎日暑いですよね。

暑さ対策のひとつ、エアコンの電気代を節電する方法をご紹介します。

 

使わざるを得ないほど暑くなり、快適に過ごせるのはいいが気になるのは電気代。

使い方でかなりの違いがでてきますよ!

スポンサードリンク


その1.設定温度

省エネ温度は28度です。
少し暑いと思われるかもしれませんが、1℃違うだけで約10%の節電になります。

 

image
それでも暑い方は扇風機を使いましょう。

1℃下げるよりも扇風機で風をまわすほうが電気代も安くなります。

 

その2.電源はこまめに切らない

寒いからといいその度に電源を切ると余計に電気代がかかります。

エアコンの1番の電力の消費は電源を入れることです!

ある実験ではこまめには切らず、寒いときは温度を1℃上げ、数時間の外出時のときだけ電源を切ることが1番の節電になるという結果が出ているそうです。

 

その3.風向きと風量設定

image
風向きですが、節電を意識するのであれば天井と水平に向けてください。

下にしている方が涼しく感じますが、熱は上にこもりやすく、エアコンが上の熱い空気を察知しどんどん温度を下げようと頑張ります。

そうすると電力をたくさん消費してしまうのです。

上に冷たい風を出しておくと、体も冷えすぎず電力の消費も抑えることができます

次に、風量は自動にするのがおすすめ。

パワフルなどにしておくと、もちろん電力の消費が多くなります。

かといって1番弱くしていると、なかなか部屋が涼しくならず、ずっと風を出し続け余計に電気代がかかってしまいます。

28℃で扇風機をつけ、それでも暑いなあ、、、と感じる方は1℃下げるのではなく風量を上げましょう。

 

設定温度を下げるよりも風量を強くするほうが、消費電力は少なく節電になります。

 

その4.フィルターの掃除

image
 

フィルターにゴミやホコリがつまってしまうと、冷房効果の妨げになり電力を多く消費してしまいます。

その上、異常音や水漏れ、悪臭の原因ともなります。

目安としては2週間に1回くらいの掃除が必要です。

自動で掃除してくれるエアコンもありますよ。

 

その5.室外ユニット

室外ユニットの周りには物は置かないでください。

外気を出し入れすることで熱を交換しているので、物や雑草が邪魔をすると冷房効果が弱まり、無駄な電力を消費してしまいます。

そして室外ユニットに直射日光が当たらないようにしてください。

外気で熱を交換しているので、周りの空気が熱いと電力の消費が多くかかってしまいます。

image
 

直接カバーをかけると障害物となってしまいますので、屋根などで日陰を作ることが大事です。

あと、使わないエアコンの室外ユニットは電源プラグを抜いておいてくださいね。

スポンサードリンク


その6.小さなことにも意識を

まずカーテンを閉めましょう。

レースだけでも直射日光を防ぎ、空気が温まらないようにすることが出来ます。

次に、ドアや窓の開閉は少なくしましょう。

やはり外からの暑い空気が入ってしまうと、部屋の温度も上がり電力を消費してしまいます。

あとは、室内が暑いときはエアコンをつける前にまず換気を。

設定温度と室内温度の差が少ないほど、消費電力が少ないため節電になります。

 

除湿について

冷房と除湿、どっちが節電なのでしょう。

除湿には2種類あります。

冷房より消費電力が少ないのは「冷房除湿やソフト除湿

湿度を下げるために、温度を下げた空気をそのままもう一度部屋に戻すという仕組みなので、冷房と同じ仕組みです。

肌寒く感じたりすることはありますが、冷房をつけるよりも節電になります。

もう一つは再熱除湿です。

こちらの除湿は冷房よりも電気代が高くなります。

温度を下げた空気を湿度を下げるために、温め直して部屋に戻します。

肌寒く感じることは防げますが、若干冷房よりも多く電力を消費します。

あなたのお家のエアコンの除湿はどちらなのかは調べておく方がいいですね。

 

エアコンの使い方ひとつで節電に繋がります!

昨年より電気代が安いと気持ちにも余裕ができ、ストレスにもなりませんよね。

今年の夏はエアコンで快適に過ごしましょう!

(ライター:きょうかママ)

スポンサードリンク


 - ネタ・雑学, 暮らし・生活