気になるアンテナニュース

最近の気になるニュースやネットで話題の情報などを随時更新!

水素水や生成器は効果なし!アルカリイオン水と同じという噂も

   

芸能人などが愛飲しているという口コミなどから始まり、最近では市販品やウォーターサーバーなどでも取り上げられるようになった【水素水】。


5b836_1292_6b8fee49_c63464b2


美容や健康に良いというイメージがある水素水ですが、なんとこの《水素水ビジネス》に疑問の声をあげる科学者が出始め、終いには国民生活センターからも警告が出ているようです・・・


少し前にも、アルカリイオン水と実は同じだとい噂がありましたが、実際のところはどうなのでしょうか?

水素水の効果などについても調べてみようと思います。

スポンサードリンク


水素水はニセ科学だった!?

 

ここ数年で一気に流行り始め、大手飲料メーカーも参入している【水素水】ビジネス。

我が家でも某社のレンタルサーバーを使用しているのですが、つい最近《水素水生成器》のレンタルを始めました!と営業されたところです^^;

水素水って購入すると結構なお値段がする印象なので、お手頃価格で生成器がレンタルできるならいいのかも・・・?と思いつつ、とりあえず保留にしたのですが。

調べていくと、何やら目を疑う事実がたくさん出てきます。



水素水に効果はない?

 

なんとなく水素水に興味はあるけど、あまり詳しくない人でも、水素水といえば【抗酸化作用=若返りの水】というイメージがわく方が多いのではないでしょうか?


どこのメーカーも、大体《からだの中から若返り、健康や美容に良い・・・》というような宣伝をしている気がします。


チョット過大では・・・?と思うような商品(水素水)になると、ガン治療に役立つとか、ダイエットにいいとか、ギリギリグレーゾーンと思うような言葉を掲げる商品もチラホラ。

そんなわけで、一気に世間に広まった《水素水》ですが、この《水素水ビジネス》に対して複数の科学者が疑問の声をあげているそうです。


水素水の効果に対する科学者の意見

 

水にまつわるニセ科学研究の第一人者、山形大学の天羽優子准教授は、水素水を巡る宣伝を「ニセ科学」と断じています。

健康や美容に限らない話ですが、効果を宣伝するには、具体的な臨床実験に基づいたデータがないといけません。

が、しかし。

水素水には、その肝心のデータがないのです><


「臨床試験で結果を出す前に、健康にいいとか影響を及ぼす、という具体性を欠いた宣伝で水素水を薦めるのは、ニセ科学の主張ということになる」

また、明治大の石川幹人教授は、「活性水素水」「電解還元水」について、効果を裏付けるエビデンスがあるのか?と健康言説を実際に検証しました。

そして、石川さんの出した結論は「疑似科学」(ニセ科学)

 

↓一部抜粋↓


「活性水素水言説では、抗酸化作用を健康効果における“大動脈“として用いているが、しかし本当にその抗酸化作用がヒトに対して効果があるのか、といったことにたいする根拠あるデータはない

「電解還元水が特定の疾患に対して明確な効果があったという信頼できる研究は見当たらない

「現在の活性水素水言説(電解還元水言説の一部)には行き過ぎたものもあり、商業的な側面の強すぎるものとなってしまっている。具体的な疾患への効果などは『まだよくわからない』とするのが妥当

この衝撃の事実に、ネット上はもちろん、今まで水素水信者だった人々も驚きを隠せない様子。


大阪大の菊池誠教授は自身のツイッターで


「水素水について、メーカーや研究者が消費者に「健康によさそう」という印象を与えようとしているけど、今の時点での位置づけは「ただの水」です。どんな印象を受けようと、あれはただの水。水道水でも一緒。あとはただの水にいくら払いたいかという問題ですね。払いたい人が払うのは自由なので」

と何度も注意を呼び掛けているそう。


【ただの水】、【水道水でも一緒】・・・は確かに驚愕です^^;



ほかにも沢山の科学者が同じような意見をあげていることを考えると、どうやら本当に【特別な効果】は無いような気がしてきます・・・

 

スポンサードリンク


ついに行政からもイエローカード

 

科学者達の間で真偽のほどが疑問視されて話題になった水素水ですが、ついに行政からもイエローカードが

 

水素水自体もそうですが、私の家に営業にきたような《水素水生成器》も問題視されているようです。

 

水素水生成器といえば、水道水やウォーターサーバーなどに生成器を取り付けるだけで、水素水が作れるというもの。

 

 

水素水生成器の仕組み↓

機械の中で水道水を電気分解して水素を発生させることで、老化やさまざまな病気の根源とされている活性酸素の一種であるヒドロキシラジカルという物質を抑制する水ができる

 

 

水素水生成器を扱うメーカーなどのホームページなどには活性酸素の悪性が執拗なほどに強調されていたり、その説明には、医師などの専門家がお墨付きのコメントを添えていたり・・・

 

そして、水素水を愛飲しているとされる人の「なんだか調子がよくなった」という抽象的な効果をうたう推薦文が多数。

 

 

芸能人(特に女性)の中にも、水素水ゴリ推しの人がチラホラいますが、それはどうなんでしょうね・・・^^;?

 

 

そして、国民生活センターからもイエローカードがでており、「飲用による効果を表したものではありません」と指摘して、消費者に注意を呼びかけているとか。

 

機械を通して得られる水は、あくまでその水の中のヒドロキシラジカルを抑制するにすぎず、示されているヒドロキシラジカル抑制率のデータは、人体に対する効果・効能を表すものではない。

機械によって生成された水素水は、活性酸素が抑制されたものであるということは事実だが、それを飲んだからといって体から活性酸素が抑制されるわけではなく、健康増進に寄与するわけではない。

 

活性酸素の抑制効果がなかったら、若返りもなにも、本当にただの水ですね・・・

 

 

しかし、前々からこのような話が出ていながらも未だに水素水ブームが去らないのは、特に深く考えず、なんとなく【健康や美容に良さそう!】というイメージだけで買う人たちがたくさんいるからでしょう。

 

 

薬事法なども色々ありますが、大抵の商品がよーーーく見ると小さい文字で「必ずしも効果を保証するものではありません」とか「効果には個人差があります」と書いてありますからね^^;

 

水素水の元素記号が話題

 

色々な意味でネット上で騒がれている水素水ですが【元素記号がありえない!!?】と話題になっています。

 

みなさんもご存じの通り、水は【H2O】。

 

じゃあ水素水は?

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・・・・

 

 

Cix7xnZU4AAX-D2_4
 

!!!!!

 

水素が5倍だからH10O!?

そんなわけ・・・と思ったら、H14Oというものが売っているとか。

 

化学が苦手な私でも、さすがにH14Oには違和感しかない^^;

 

というより、H14Oってどういう構造なのでしょう!?

もはや《水》ではなく、燃料では・・・と思ってしまいます。

 

 

アルカリイオン水と水素水の違いは?

 

アルカリイオン水と水素水が同じものかどうかですが、アルカリイオン水も水素水もきちんとした水の特性にもとづいた定義がある訳ではないために、その特性上の違いも明確な定義があるとは言えません。単に同じような特性の水であるにもかかわらず呼称だけが異なっているとも言えます。

アルカリイオン水という呼称は、一般的に水を直流電気分解したときにマイナス極(陰極)側に生成される水、つまり電解陰極水のことを言います。水は電子が送り込まれ水分子が分解されると、水素を生成しながらアルカリ性になるという特性があり、この特性から松下電工(現パナソニック)が最初に自社の電気分解装置をアルカリイオン整水器と呼んだことによって、電解陰極水のことをアルカリイオン水と呼ぶようになりました。キリンの「アルカリイオンの水」も天然水を電気分解して作られています。

 

専門的なことはよくわかりませんが、これを読む限りでは、呼び方が違うだけで【同じ特性の水】であるといえる・・・ということでしょうか。

 

アルカリイオン水といえば、売られているもののみならず、スーパーなどで無料でボトルに汲めるやつですよね^^;

 

効果な水素水のイメージがどんどん崩れていってしまいますが^^;

 

色々な意見はありますが、結局のところ科学的な根拠やデータはなく、【水素水はただの水と変わらない】ということに間違いは無さそうです。

高いお金を払うか払わないかは個人の自由なので、なんとも言えませんが><

 

何も知らずに水素水を買おうか迷っている人がいたら、是非教えてあげてください。

 

 

スポンサードリンク


 - ネタ・雑学, 暮らし・生活