気になるアンテナニュース

最近の気になるニュースやネットで話題の情報などを随時更新!

【スマホ発熱】熱くなると危険って本当?予防や対処法など

   

スマホって使っているとやたらと発熱して熱くなることはありませんか?

そんなときに電話がかかってくると耳があっつい!持っているのもひと苦労・・・。

私はそんな経験をしたことがあります^^;

 

絶対良くないことだよね。。。と思いながら特に予防も対処もしてきませんでした。

しかし、予防や対処をしないとスマホに負担がかかって良くないらしいので、効果的な方法について調べてみましたので記事にしたいと思います。

 

スポンサードリンク


スマホが発熱して熱くなるのはなぜ?

 

そもそも、スマホがあんなに熱くなるのはなぜでしょうか。

その原因は、簡単にいえばスマホの高性能化にあります。

無題
最近のスマホは小さなボディにめいっぱい高性能パーツを詰め込んでいます。

そして、本体は携帯性を良くするために、小型化・薄型化されていますよね。

狭いところにぎゅうぎゅうと詰め込むわけですから、各パーツやバッテリーに負荷がかかることはどうしても避けられません。

 

例えばパソコンなら高性能化しても冷却ファンがありますので、それほど大きな問題にはなりませんが、スマホにはそもそも冷却ファンがありません。

しかも、スマホはカバーを付けることもあります。スマホのカバーでさらに放熱効果が落ちて、発熱しているケースも・・・。

 

スマホの発熱を予防する方法3選

 

スマホの発熱を予防する方法を3つご紹介します。

1.充電しながらの操作をしない

 

充電をしているときには、当然ながらバッテリーに電気が通っています。

電気が通っているということは負担がかかっているともいえるのです。

その上、操作をすることでさらに負担をかけてしまうと、冷却が間に合わず発熱してしまいます。

 

充電しながらの操作で負担をかけるということは、バッテリーの寿命にも悪影響を与えますから二重の意味で注意が必要です。

 

2.アプリを確実に終了する

操作が終わったアプリは確実に終了しましょう。アプリの中には見えないところで動作しているものがあります。

通信したり、自動更新したり・・・ということをしているわけです。

 

気づかないうちにスマホに負担をかけて、発熱の原因になるので、使わないアプリは確実に落とすようにしましょう。

 

3.スマホカバーをはずす

スマホカバーはしっかりと熱をためこんでくれます(笑)。

特にシリコン製のカバーならなおさらで、放熱効果がガタ落ちする原因に。

 

なので、スマホカバーはできればしない方がいいですが、メッシュ製やアルミ製のカバーならシリコン製よりもずっと放熱効果は高いので、選ぶときにそういうタイプのものを選ぶのも一つの方法です。

 

スポンサードリンク


スマホが発熱したときの対処法5選

気づいたらスマホが発熱して熱い・・・というときの対処法について5つご紹介したいと思います。

 

1.とにかく操作をやめる

操作をすることがスマホへの負担を高めます。

それがどのようなささいな操作であっても、負担を与えることは間違いありません。そこで、とにかく操作をやめるのがまずするべきことです。

また、スマホは操作していないときにも電波をやり取りしています。そこで、同時に機内モードにすることでさらにスマホへの負担を減らすことができます。

 

2.アプリをすべて終了する

 

操作をやめるのと同時に、アプリをすべて完全に終了させます。予防のところにも書きましたが、スマホは使っている間に、気付かずにアプリが起動したままになっていることも多々あります。

操作をやめたとしても、起動したままのアプリがあっては効果半減です。操作をやめるとともにアプリをすべて確実に終了させましょう。

 

3.ケースを外す

 

これも予防のところで書きましたが、スマホケースは熱をこもらせる一つの原因です。

ですので、発熱を感じたときにはすぐに外して放熱したほうがいいですね。

 

4.電池カバーを外す

スマホのカバーを外した後は、背面の電池カバー・リアカバーも外してしまいましょう。

カバーを外して、内部をむき出しにすることで、放熱効果がさらに高まります。

 

5.再起動する

スマホを再起動するのもいい方法です。

再起動するとアプリは完全に終了しますし、使っている間におかしくなっていた設定なども確実にリセットされます。

正常な状態にリセットされるので、スマホへの負担が減り今後の発熱を抑えることができます。

操作性も良くなることが多いので、発熱していなくてもときどき再起動するのがおすすめです。

 

 

スマホの発熱予防・対策まとめ

 

スマホの発熱はよくある話ですが、実はけっこう大きな問題です。

対処せずにそのまま電話をしたり、アプリ操作などをしていると低温やけどやスマホの故障などにつながる可能性もあります。

【スマホ発熱】熱くなると危険って本当?予防や対処法など
まずは発熱を最小限に抑えられるように、予防をしておきましょう。

そして、熱くなったらすぐさま対処法を試して放熱をしましょうね。

せっかく新機種を購入しても、バッテリーもちが悪くなったりすぐに故障してしまっては悲しいですし出費も痛いです・・・。

夏は特に外気温も高いので、くれぐれもサウナのような車内に放置したりすることがないようにお気をつけください。

(ライター:ばっきー)

スポンサードリンク


 - ネタ・雑学, 暮らし・生活